名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2016年06月


************** 名歌鑑賞 ***************

 
我が恋は み山隠れの 草なれや しげさまされど
知る人のなき
                小野美材 

(わがこいは みやまがくれの くさなれや しげさ
 まされど しるひとのなき)

意味・・私の恋は人が知らぬ奥山の草なのだろうか。
    恋心が増しても、知ってくれる人はいない。

    好きな人と恋慕っているけれど、相手は知
    ってくれないもどかしさを歌っています。

 注・・しげさ=繁さ。草木の茂み。「草・恋」の
     繁さを掛ける。

作者・・小野美材=おののよしき。902年没。従五
    位下。
 
出典・・古今集・560。
   


***************** 名歌鑑賞 **************** 


みがかずば 玉も鏡も なにかせむ 学びの道も
かくこそありけれ
                 昭憲皇太后

(みがかずば たまもかがみも なにかせん まなびの
 みちも かくこそありけれ)

意味・・磨く事をしないならば、玉といい鏡といっても一体
    何になろうか。学問の道もまた同じである。

    女子教育の振興のため詠んだ歌であり、次の詩は
    東京女子師範学校に贈られ、校歌となっています。
    
    金剛石(こんごうせき)も みがかずば
    玉の光は 添わざらん
    人も 学びて 後にこそ
    まことの 徳は 現れる
    時計のはりの 絶間なく
    めぐるがごとく 時のまも
    光陰(ひかげ)惜しみて 励みなば
    いかなる業(わざ)か ならざらん

    水は器に したがいて
    そのさまざまに なりぬなり
    人は交る 友により
    よきにあしきに 
    うつるなり
    己に優る よき友を
    えらび求めて もろともに
    心の駒に 鞭うちて
    学びの道に
    進めかし

作者・・昭憲皇太后=しようけんこうたいごう。1850~
    1914。明治天皇の皇后。女子教育の振興に尽力。


**************** 名歌鑑賞 ****************


鮎くれてよらで過ぎ行く夜半の門
                   蕪村

(あゆくれて よらですぎゆく よわのかど)

意味・・夜半に門を叩いたのは、作者に親しい人であった
    だろう。こんな時間に誰が訪ねて来たのだろうか
    と不審顔で門を開けた主人に、不意の客は、数匹
    の鮎を押し付けるようにすると、「沢山とれたか
    ら、少しだけれど食べて貰おうと思って」と言い
    置いたまま、ろくに挨拶もせず足早に帰って行っ
    た。驚きと喜びで、主人のほうもろくに礼も言わ
    ず、渡された活きのいい鮎を手に、いっとき門に
    佇(たたず)んでいた。

    「よらで過ぎ行く」には、客の動作だけでなく、
    とっさのことでまともに対応出来なかった自分を
    悔しくも、また相手に申し訳なく思っている主人
    の気持ちも察することが出来ます。

作者・・蕪村=ぶそん。与謝蕪村。1716~1783。
    南宗画も池大雅とともに大家。

出典・・竹西寛子著「松尾芭蕉集・与謝蕪村集」。


*************** 名歌鑑賞 ************* 


水の味 空気の味と 身にしみて われの読むもの
この人の歌
                長谷川銀作 

(みずのあじ くうきのあじと みにしみて われの
 よむもの このひとのうた)

意味・・物の味はさまざまで、歌のもつ味も同様で
    あるが、この人の歌は水や空気の味で、そ
    れを身に沁ませて読んでいる。

    水や空気の味は淡いし、人間は水や空気を
    不可欠のものとして生きている上では必要
    なものであるが、平凡といべきである。
    作者はこの淡く平凡と思われる味わいの歌
    に、永遠な最高の価値を認めているのです。
    師である牧水を心に置いた歌です。

    牧水の歌、参考です。

    「幾山川越えさりゆかば寂しさのはてなん
    国ぞけふも旅ゆく」

    (自分の心の中には深く寂しさがひそんで
    居り、その寂しさに耐え兼ねてこうして今
    日も旅を続けているが、いったいどれだけ
    多くの山や川を越えて行けばこの心にひそ
    む寂しさが影をひそめる国に出られるのだ
    ろうか)

作者・・長谷川銀作=はせがわぎんさく。1894~
    1970。東京商業卒。牧水夫人の妹と結婚。
    牧水の「創作」の編集・経営に参加する。
 
出典・・歌集「夜の庭」(東京堂出版「現代短歌鑑賞
    事典」)


**************** 名歌鑑賞 ***************

 
髪しろく なりても親の ある人も おほかるものを 
われは親なし           
                 橘曙覧

(かみしろく なりてもおやの あるひとも おおかる
 ものを われはおやなし)

意味・・髪が白くなっても両親がそろっている人も大勢
    いるといのに、私の親は父も母もいない。

    父の17年忌に詠んだ歌です。
    曙覧は母を2歳で、父を14歳の時に亡くして
    います。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。早く
    父母に死に分かれ、家業を異母弟に譲り隠棲。
    福井藩の重臣と親交。

出典・・岩波文庫「橘曙覧全歌集」。

このページのトップヘ