名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2016年07月


*************** 名歌鑑賞 *************

 
すぎふかき かた山陰の 下すずみ よそにぞすぐる
ゆふだちの空    
                 藤原良経

(すぎふかき かたやまかげの したすずみ よそにぞ
 すぐる ゆうだちのそら)

意味・・杉の木立の深い片山陰の下で涼んでいると、
    よその場所に夕立を降らせた雲が空に広が
    って涼気が感じられる。    

 注・・かた山陰=片山陰、「片山」は一方が険し
     く他方がなだらかな山、その山かげ。
    よそにぞすぐる=他の場所に降り過ぎた。

作者・・藤原良経=ふじわらのよしつね。1169~
    1206。摂政太政大臣、新古今仮名序の作者。

出典・・岩波書店「中世和歌集・鎌倉篇」。


*************** 名歌鑑賞 *************** 


相思はぬ 人を思ふは 大寺の 餓鬼の後に 
額づくがごと
               笠女郎

(あいおもわぬ ひとをおもうは おおでらの がきの
 しりえに ぬかずくがごと)

詞書・・笠女郎、大伴家持に贈る歌。

意味・・互いに思わない人を一方的に思うのは、大寺
    の餓鬼を後から額をこすりつけて拝んでいる
    ようなものだ。

    片思いは仏ならぬ餓鬼に、しかも後から拝む
    ようなもの。何のかいもないことだと、我が
    恋を自嘲したものです。

 注・・相思はぬ=片思いのこと。
    後(しりえ)に=後から。

作者・・笠女郎=かさのいらつめ。生没年未詳。万葉
    集に28首、大伴家持に贈った歌を残している。

出典・・万葉集・608。



**************** 名歌鑑賞 **************** 


起き上がり 小法師を見ても 世渡りは 転びては起き
転びては起き
                   作者不明

(おきあがり こぼしをみても よわたりは ころびては
 おき ころびてはおき)

意味・・世の中を渡る時は、起き上がり小法師のように、
    転んでは起き、また転んでは起きる。
    どんな事があつても、くじけず歩んで行く事だ。

    七転び八起き。何事にも失敗はつきもの。どん
    なに失敗しても七転び八起き。浮き沈みが激し
    くても、何度倒れても起き上がればいいのである。
 
出典・・斎藤亜加里著「道歌から知る美しい生き方」。


************** 名歌鑑賞 ***************

 
心知らぬ 人はなんとも 言わば言え 身をも惜しまじ
名をも惜しまじ
                  明智光秀

(こころしらぬ ひとはなんとも いわばいえ みをも
 おしまじ なおもおしまじ)

意味・・自分の心の中を知らない人は、どんな事でも
    言うがいい。私は信念のためには自分の身も
    名誉も惜しくはない。

    この歌は辞世の歌で「本能寺の変」以降に詠
    まれたものです。

作者・・明智光秀=あけちみつひで。1528~1582。
    本能寺の変で有名。


************** 名歌鑑賞 **************

 
世の憂さを 昔語りに なしはてて 花たちばなに
思ひ出でめや          
                 西行

(よのうさを むかしかたりに なしはてて はな
 たちばなに おもいいでめや)
 
意味・・この世の憂さはすべて昔語りにしてしまって
    花橘の香に誘われて懐旧の念にひたろうよ。

    今のつらさを将来から見て、昔あった事の思
    い出話にしたいという気持ちを詠んでいます。

 注・・昔語り=昔あったことの話。
    花たちばな=「五月まつ花橘の香をかげば昔
      の人の袖の香ぞする」(意味は下記参照)
      の歌以来、「花橘」は懐旧の情を誘うも
      のとされた。
    や=詠嘆を表す。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。俗名佐藤義
    清(のりきよ)。鳥羽上皇の北面武士であった
    が23歳で出家。「新古今集」では最も入選
    歌が多い。

出典・・山家集・722。

参照歌です

五月まつ 花橘の 香をかげば 昔の人の 
袖の香ぞする         
               詠人知らず 

意味・・五月を待って咲く橘が早くも咲いて、その香り
    が匂ってくる。それは昔親しかったあの人の袖
    の香りが思いだされる。

    香りを通じて思い出されてくる懐かしさを詠じ
    たものです。

出典・・古今和歌集・139。

このページのトップヘ