名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2016年09月


*************** 名歌鑑賞 ************** 


訪ふ人も 嵐吹きそふ 秋は来て 木の葉に埋む
宿の道芝
                藤原俊成女

(とうひとも あらしふきそう あきはきて このはに
 うずむ やどのしばみち)

意味・・もはや訪ねる人もあるまい。ただでさえ寂し
    い上に嵐が吹く秋になって、私の家の道芝は
    木の葉に埋もれてしまった。

    家の道芝はかって恋人が踏み分けて通って来
    たのだが、その道芝も木の葉に埋もれて見え
    ない。その上吹きすさむ秋風は、人を待つ望
    みも消えてたたずむ女の侘びしさ、哀しみを
    深めている。

 注・・嵐=「有らじ」と「荒い風」の意と、「あら
     し」を掛ける。
    あらし=気性や態度が荒っぽい。ここでは恋
     人の冷たい仕打ちの意。
    吹きそふ=一段と吹き加わって。
    あき=「秋」と「飽き」を掛ける。
    道芝=道端に生えている芝草。

作者・・藤原俊成女=ふじわらのとしなりのむすめ。
    1171~1252。幼少より祖父俊成に養育され
    た。

出典・・新古今和歌集・515。


**************** 名歌鑑賞 ***************

 
清水の 塔のもとこそ 悲しけれ 昔の如く
京の見ゆれば
                与謝野寛 

(きよみずの とうのもとこそ かなしけれ むかしの
 ごとく きょうのみゆれば)

詞書・・明治43年の頃。

意味・・東山のふもとに建つ清水寺の三重の塔のもとに
    立っていると、悲しくせつない思いが、強く胸に
    こみあげて来る事だ。全く昔と変わらない自然の
    たたずまいと、それを背景とした京の街々が一望
    のもとに見渡されるので。

    清水寺の三重の塔のもとでたたずみ、昔と変わら
    ない京の姿を見ていると昔が偲ばれる。
    昔は、何事も真面目一筋に、自分をあざむかず、
    ごまかさずに生きてきた。そしてその結果、名声
    を得る事が出来たのだが。
    今と昔はどこが違っているのだろうか。今は満足
    出来なく寂しく悲しいものだ。

    明治43年は寛の37才の時の作です。この頃は妻の
    晶子の人気が高まり、その反面、寛は極度の不振
    に陥り、全く注目されない存在になっていた。
    この時の気持ちを詠んでいます。

作者・・与謝野寛=よさのひろし。1873~1935。号は鉄幹。
    妻の与謝野晶子とともに浪漫主義文学運動の中心
    になる。「明星」を発刊。詩歌集「東西南北」。

出典・・新万葉集・巻九


*************** 名歌鑑賞 ***************


行く水の 渕瀬ならねど あすか風 きのふにかはる
秋は来にけり
                 頓阿法師
            
(ゆくみずの ふちせならねど あすかかぜ きのうに
 かわる あきはきにけり)

意味・・流れ行く水の渕瀬ではないけれど、飛鳥の里に
    吹く風は昨日に変り、今日は秋が訪れたよ。

    飛鳥川は昨日まで渕であった所が今日は浅瀬に
    なっているように、移り変わりが早い。このよ
    うに昨日まで夏の風が吹いていたのに、今日は
    もう秋風に変わっている。

    参考歌です。
   「世の中はなにか常なる飛鳥川昨日の渕ぞ今日は
    瀬になる」

 注・・あすか=飛鳥の里。奈良朝以前に都が置かれた
     所。

作者・・頓阿法師=とんあほうし。1289~1372。二条
    為世に師事。同時代の浄弁・兼好・慶雲ととも
    に和歌四天王と称された。

出典・・頓阿法師詠(岩波書店「中世和歌集・室町篇」)

参考歌です。

世の中は なにか常なる 飛鳥川 昨日の渕ぞ
今日は瀬になる         
                詠み人しらず
             
(よのなかは なにかつねなる あすかがわ きのう
 のふちぞ けふはせになる)

意味・・この世の中は、いったい何が変わらないのか、
    不変のものは何一つない。飛鳥川の流れも昨
    日渕であった所が今日はもう浅瀬に変わって
    いる。

    世の中の移り変わりが速いことを詠んだもの
    です。

 注・・あすか川=奈良県飛鳥を流れる川。明日を掛
     けている。
    渕=川の深く淀んでいる所。
    瀬=川の浅く流れの早い所。

出典・・ 古今和歌集・933。


*************** 名歌鑑賞 ***************


夏の夜の 有明の月を 見るほどに 秋をば待たで 
風ぞ涼しき       
                                         京極師通

(なつのよの ありあけのつきを みるほどに あき
 をばまたで かぜぞすずしき)

意味・・夏の夜の有明の月をながめていると、秋の
    来るのを待たないで、涼しい風が吹いて来
    ることだ。

 注・・有明の月=20日以降の月。夜明け近くまで
     出ている月。
    見るほどに=見ているうちに。見ている間。

作者・・京極師通=きょうごくもろみち。1062~10
    99。従一位内大臣。

出典・・拾遺和歌集・230。


*************** 名歌鑑賞 ***************

 
花も見つ 月もめでつ 世の中に あるかひなしと
いふはたが言
                熊谷直好

(はなもみつ つきもめでつ よのなかに あるかい
 なしと いうはたがこと)

意味・・花も存分に見た。月も十分に賞美した。それ
    なのに世の中に存在する甲斐が無いというの
    は、一体誰の発言か。

    十のうち九つ満足している人が、一つ不満が
    あると言ってそれを愚痴ったり、それで悩ん
    でいるような人を戒(いまし)めた歌です。

作者・・熊谷直好=くまがいなおよし。1782~1862。
    岩国藩士。香川景樹に師事。

出典・・小学館「近世和歌集」。

このページのトップヘ