名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2016年11月


***************** 名歌鑑賞 ******************


僧朝顔幾死にかへる法の松
                    芭蕉

(そうあさがお いくしにかえる のりのまつ)

詞書・・奈良の当麻寺に参詣すると、庭に植えられている松は
    およそ千年もたっているように見える。大きさは、荘
    子がいう「牛を隠す」というほどの大きさである。寺
    の庭に植えられた松という仏縁で、斧で切り倒される
    ことがなかったのは幸運なことである。

意味・・この寺の僧も朝顔も、今まで幾代となく死に代ったこ
    とだろう。それなのに、この松は寺の庭に植えられて
    いたという仏縁で千年の長寿を保ったのはまことに尊
    いものだ。

    荘子のいう「牛を隠す」は「櫟社(れきしゃ)の樹を見
    る。その大きさ牛を隠す」ということで、櫟(くぬぎ)
    の木は材木にならず役に立たないので人間に伐られな
    い。それで牛を隠すほどの大きな木になり寿命を全う
    することが出来る、という意味です。

    この櫟や老松のように、天から頂いた寿命を病気など
    せずに全うしたいものです。

 注・・法の松=寺の庭に生えているという仏縁の松。そのため
     千年の老松になるまで寿命が全う出来た。

作者・・芭蕉=ばしょう。1644~1694。

出典・・野ざらし紀行。


******************** 名歌鑑賞 ********************


あの頃に 戻ってみたし 公園の ベンチに笑う 
乙女らの声
                槿
                      
(あのころに もどってみたし こうえんの ベンチに
 わらう おとめらのこえ)
 
意味・・気持ちの良い晴れた青空の公園には、ベンチで
    数人の乙女らが笑いながらおしゃべりをしてい
  る。明るく無邪気な乙女らの姿である。
    私も昔はそのような若い時代があったものだ。
    今の自分は、年々、いや日に日に年老いている。
    若かったあの頃の時代に戻りたい、若かった時
  代を思い出して見たい。
 
    若い頃に戻れば、それはどんな時代だったのだ
    ろうか。何の憂いも無く、はつらつとして遊ん
    だ時代もあった。また、受験に就職に努力する
    時代でもあった。
    志という程の意識は無いが、尊敬する人のよう
    な生き方をしたい、母ちゃんを喜ばせたい、い
    や悲しませたくない、という気持ちで生きてい
    たものです。
 
    参考はヨイトマケの唄です。(歌詞は下記参照)
                       
            https://youtu.be/6e6-R_cx1rw
      
    学校でいじめられたので、母ちゃんに慰めても
    らおうと思って帰る途中で、男混じりの土方の
    仕事をしている母ちゃんの働く姿を見て、涙を
   飲み込んだ、という唄です。
 
作者・・槿=むくげ。ヤフーブログのハンドルネーム。
 
出典・・インターネット。
 
参考です。
 
「ヨイトマケの唄」  作詞・作曲 三輪明宏
 

父ちゃんのためなら エンヤコラ
母ちゃんのためなら エンヤコラ
もひとつおもけに エンヤコラ

今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守唄
工事現場の  ひるやすみ
たばこふかして 目を閉じりゃ
聞こえてくるよ あの唄が
働く土方の あの唄が
貧しい土方の あの唄が
 
子供の頃に 小学校で
ヨイトマケの子供 きたない子供と
いじめぬかれて はやされて
くやし涙に くれながら
泣いて帰った 道すがら
母ちゃんの働く とこを見た
母ちゃんの働く とこを見た
 
姉さんかむりで 泥にもみれて
日に灼けながら 汗を流して
男にまじって 綱を引き
天に向かって 声をあげて
力の限り うたってた
母ちゃんの働く とこを見た
母ちゃんの働く とこを見た
 
あれから何年 たった事だろ
高校も出たし 大学も出た
今じや機械の 世の中で
おまけに僕は エンジニア
苦労苦労で死んでった
母ちゃん見てくれ この姿
母ちゃん見てくれ この姿


*************** 名歌鑑賞 *****************

 
よそながら かげだに見むと 幾度か 君が門をば
過ぎてけるかな
                 樋口一葉

(よそながら かげだにみんと いくたびか きみが
 かどをば すぎてけるかな)

意味・・私の好きな人の姿をほんの少しだけでも見たいと
    思って、気づかれないように、あなたの家の門の
    前を何度も通り過ぎたのです。

    明治時代に生まれた一葉は色々と制約があり自由
    に生きる事が出来なかった。戸主制度もその一つ
    で戸主になれば家族を養わなければならず、好き
    な人が出来ても嫁いで行けなかった。
    一葉も戸主であり好きな相手も戸主であったので、
    結婚したくても出来ない。せめて相手の姿を遠く
    から見て心を慰めたい、という気持ちを詠んでい
    ます。

 注・・よそながら=それとなく、間接的に。
    戸主=旧民法で、一家の長で戸主権を持ち家族を
     養う義務があるもの。

作者・・樋口一葉=ひぐちいちよう。1872~1896。24歳。
    結核を患い亡くなる。

出典・・樋口一葉和歌集(林和清著「日本の悲しい歌」)



***************** 名歌鑑賞 ***************


吹く風の 色こそ見えね 高砂の 尾の上の松に
秋は来にけり
                藤原秀能
           
(ふくかぜの いろこそみえね たかさごの おのえの
 まつに あきはきにけり)

意味・・吹く風の色は秋とは見えないが、高砂の峰の松に、
    秋は来たことだ。

    常緑の松を見たり、風だけの感触ではまだ秋が来
    たとは感じられないが、松の枝を強い風が揺らし
    ている所を見ると、やはり秋が来たのだなあ。

 注・・高砂=兵庫県加古川市尾上町。松の名所。

作者・・藤原秀能=ふじわらひでよし1284~1240。正五
    位・出羽守。承久の乱に破れて出家。

出典・・新古今和歌集・290。


*************** 名歌鑑賞 ***************


あたたかな 日ざしと青い 青い空 みんな仲良く
飛ぶ小鳥たち
                 西村由佳里

(あたたかな ひざしとあおい あおいそら みんな
 なかよく とぶことりたち)

意味・・ここは小川が流れる静かな公園です。柔かな
    秋の日差しが暖かくさしている。空を見上げ
    ると、小鳥たちが仲良く群れを作って飛んで
    いる。その大空は青々として見ていて気持ち
    いい。幸せに思うひと時です。

    今日はこんなのどかな一日で、とびきり素敵
    な事は無かった代わりに、つらい事もなく、
    おだやかに過ごす事が出来ました。
    明日も、こんな一日だったらいいなあ。

作者・・西村由佳里=にしむらゆかり。1976~ 。
    立命館大学大学院卒。

出典・・インターネット・ヤフーブログ「ymotkm」。

このページのトップヘ