名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2016年12月


*************** 名歌鑑賞 ****************


雨露に うたるればこそ 楓葉の 錦をかざる
秋はありけれ
                沢庵宗膨

(あめつゆに うたるればこそ かえでばの にしきを
 かざる あきはありけれ)

意味・・雨や露にうたれるからこそ、秋ともなると楓が
    紅葉し、錦を飾ることとなる。
    人もまた同じ、逆境を経てこそ人は大成するの
    である。

作者・・沢庵宗膨=たくあんそうほう。1573~1646。
     臨済宗の僧。

出典・・木村山治朗「道歌教訓和歌辞典」。


*************** 名歌鑑賞 ***************


いねいねと 人にいはれつ 年の暮   
                    路通

(いねいねと ひとにいわれつ としのくれ)

意味・・年の暮、人に頼って生活をするような境遇の
    自分は、あちらでもこちらでも「あっちへ行
    け」と言われ、冷たくあしらわれることだ。

    漂泊の僧として乞食生活を送った路通らしい
    句です。同門のみならず芭蕉にも不評を買っ
    た身の上を「いねいね」という語で厳しく見
    つめています。

 注・・いね=去ね、行け。

作者・・路通=斎部路通(いんべろつう)。1649~173
        8。神職の家柄であったが、乞食となって漂
    の旅を続けた。芭蕉に師事。

出典・・歌集「猿蓑」。


*************** 名歌鑑賞 *****************


住の江の 岸のひめまつ ふりにけり いづれの世にか
種はまきけむ
                  源実朝

(すみのえの きしのひめまつ ふりにけり いずれの
 よにか たねはまきけむ)

意味・・住之江の岸の姫松は古びてしまった。いつの世に
    種を蒔いたのだろう。

    昔は細くか弱かった松だったのだろうが、今は大
    きく立派な松になっていることだ。

 注・・住の江=大阪市住吉区一帯。海の面した松原の続
     く景勝地。
    ひめまつ=姫松。小さな松。

作者・・源実朝=みなもとのさねとも。1192~1219。28才。
    12歳で三代大将軍となる。甥の公暁に暗殺された。

出典・・金槐和歌集・589。


***************** 名歌鑑賞 *****************


ふしわびぬ 霜さむき夜の 床はあれて 袖にはげしき
山おろしの風
                                              後醍醐天皇

(ふしわびぬ しもさむきよの とこはあれて そでに
 はげしき やまおろしのかぜ)

意味・・寝ようとしも寝られない。霜の降りた寒い夜の床は
    荒廃している上、その床の上にかけている衣の袖に
    吹き付ける激しい山おろしの風のなんと冷たいこと
    か。

    足利尊氏の軍に追われ、吉野に逃げて仮住居に一人
    でこもって詠んだ歌です。山から吹き降ろす風の冷
    たさ寒さはすさまじく、眠ろうにも眠れない状態で
    す。その上心を重くしているのが都を追われている
    苦悩です。

 注・・ふし=臥し。体を横たえる、寝る。
    わびぬ=途方にくれて困る。
    あれて=荒れて。建物などが荒廃する。

作者・・後醍醐天皇=ごだいごてんのう。1288~1339。第
    96代天皇。足利尊氏の反逆で吉野に逃げる。南朝
    の天皇。元弘の乱に敗れ隠岐へ配流。

出典・・新葉和歌集。


***************** 名歌鑑賞 ******************


思ひ遣る すべの知らねば 片垸の 底にぞ我は
恋成りにける
                 粟田女娘子

(おもいやる すべのしらねば かたもいの そこにぞ
 われは こいなりにける)

詞書・・粟田女娘子、大伴家持に贈る歌。

意味・・私、あなたを恋してしまったんです。その気持ちを
    あなたが察して下さらないので、とても寂しく憂鬱
    なんです。胸の思いを晴らす手立ても分からないま
    まに、片垸(かたもい)ならぬ「片思い」のどん底で、
    私は恋する人として沈んでいます。

    家持に土をこねて作った蓋のない茶碗に、この歌を
    描いて贈った歌です。

 注・・思ひ遣る=心を慰める、憂いを晴らす。
    片垸(かたもい)=垸は土で作った茶碗。片垸は蓋の
     ない茶碗。「片思い」を掛ける。

作者・・粟田女娘子=あわたのめおとめ。伝未詳。

出典・・万葉集・707。

このページのトップヘ