名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年01月


**************** 名歌鑑賞 ***************


我が命の 全けむ限り 忘れめや いや日に異には
思ひ増すとも          
                笠女郎

(わがいのちの またけんかぎり わすれめや いやひに
 けには おもいますとも)

意味・・私がこの世に生きている限り、あの方を
    忘れる事があろうか。日増しにますます
    恋しさの募ってゆく事はあっても。

 注・・全けむ限り=無事である限り。
    いや日に異(け)に=日増しに、日毎に。

作者・・笠女郎=かさのいらつめ。生没年未詳。
    奈良時代の女流歌人。

出典・・万葉集・595。


**************** 名歌鑑賞 ***************


面影を 忘れむと思ふ 心こそ 別れしよりも
悲しかりけり
               藤原実 

(おもかげを わすれんとおもう こころこそ わかれし
 よりも かなしかりけり)

意味・・辛い事なので、もう思い出すまい忘れようと思う
    心、その方の心が忘れないでいるよりはかえって
    物思いの種である。

    俤(おもかげ)の忘れる事の出来ない別れ、それ
    を思い出す事の辛さより、それを忘れようとす
    る辛さを詠んだ歌です。

 注・・別れ=恋人との別れ、子供との死別・・・。

作者・・藤原実=ふじわらのみのる。伝未詳。

出典・・続拾遺和歌集。


***************** 名歌鑑賞 *****************


何をあてに 息つきあへず 登るぞと あざみし人の
逝きて久しも
                  坪内逍遥 

(なにをあてに いきつきあえず のぼるぞと あざみし
 ひとの ゆきてひさしも)

詞書・・二葉四迷を憶(おも)ふ。

意味・・「あなたは何故、息を喘(あえ)ぎながら、そのような
    峻(けわ)しい山に登るのか」と呆れて言っていたが、
    その人はもう亡くなって久しいが、言っていた言葉が
    思い出されて忘れられない。

    没後22年の二葉亭四迷を追憶して詠んだ歌です。

 注・・息つきあへず=息をこらえきれない。
    あざみし=浅みし。意外さに驚く、あきれる。
    逝きて久しも=45歳で没後、22年過ぎる。

    二葉亭四迷=1864~1909。作家。「浮雲」「当世書
     生気質」。

作者・・坪内逍遥=つぼうちしょうよう。1859~1935。東大
    政経学部卒。近代文学の先駆者。シェークスピアの翻
    訳をする。

出典・・「歌・俳集」(東京堂出版「現代短歌鑑賞事典」)


**************** 名歌鑑賞 ***************


玉まきし 垣根の真葛 霜枯れて さびしく見ゆる
冬の山里
                西行
 
(たままきし かきねのまくず しもかれて さびしく
 みゆる ふゆのやまざと)

意味・・玉のように先端を巻いて茂っていた垣根の真葛
    が、霜にあたって枯れてしまい、人目も草も枯
    れはて、まことに寂しく見える冬の山里である。

    参考歌です。

   「山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も
    かれぬと思へば」   (意味は下記参照)

 注・・真葛=「真」は美称の接頭語。「葛」は豆科の
     つる性の植物。秋の七草のひとつ。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。俗名佐藤義清。
    諸国を行脚する。

出典・・山家集・515。

参考歌です。

山里は 冬ぞさびしさ まさりける 人目も草も 
かれぬと思へば
                 源宗于
        
(やまざとは ふゆぞさびしさ まさりける ひとめも
 くさも かれぬとおもえば)
 
意味・・山里はいつでも寂しいものだが、とりわけ冬に
    なり寂しさが増して来たことだ。春の花、秋の
    紅葉を訪れた人目も、見るもののない冬には離
    (か)れ、わずかに目を慰めてくれた草も枯れて
    しまった、と思うと。

    山里に住む人の心で、初冬の感じを詠んでいま
    す。寂しい山里に住んできて、春や秋には人目
    もあったが、その人目も冬には絶える人事の上
    での寂しさ、草も枯れてしまう自然の上での寂
    しさ、それにこれからの長いひと冬を寂しさの
    中に住むことを思う、心情での寂しさ、これら
    を重ねたものです。

 注・・人目=人の訪れ、出入り。
    かれぬ=人目も離(か)れと草木が枯れを掛けて
     いる。

作者・・源宗于=みなもとのむねゆき。~939年没。正
    四位下・右京大夫。三十六歌仙のひとり。

出典・・古今集・315、百人一首・28。


***************** 名歌鑑賞 *****************


凡ならば かもかもせむを 畏みと 振りたき袖を
忍びてあるかも
                 児島

(おおならば かもかもせんを かしこみと ふりたき
 そでを しのびてあるかも)

意味・・あなた様が並みのお方であったら、別れを惜しんで
    あれこれ思いのままに振り舞いたいのですが、皆が
    いるので、畏れ多いと思って、振りたい袖も振らな
    いでじっとこらえている私です。

    太宰帥(だざいのそち)大伴旅人が京に上る時、浮か
    れ女が別れを惜しんだ歌です。
    去る人が貴人なので、身の程をわきまえて、強い惜
    別の思いをこらえた歌です。

 注・・凡(おお)=平凡なさま、普通だ。
    かもかも=どのようにも、ああもこうも。
    畏(しこ)み=恐れ多いと思う。
    太宰帥(だざいのそち)=大宰府の長官。従三位に相
     当。
    浮かれ女=諸国を歩き回って歌舞などの芸や色を売
     る女。遊女。

作者・・児島=こじま。伝未詳。筑紫国(福岡県)の浮かれ女。

出典・・万葉集・965。

このページのトップヘ