名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年02月


**************** 名歌鑑賞 ***************


ラジオなる この絃の音や 人間の 千万年の
歴史にかかる
                 明石海人

(ラジオなる このいとのねや にんげんの せんまん
 ねんの れきしにかる)

意味・・ラジオが普及され、初めて音楽放送を聞いた。
    弦楽器の音楽を身近に聞けるようになり嬉し
    い。文明の利器を思わせるものだ。人類の千
    万年もの間の進化の賜物なのだ。

    ラジオは大正14年3月に放送開始された。作者
    が療養所の中で聞いたのは昭和10年です。そ
    の時に詠んだ歌です。

 注・・絃(いと)=弦楽器。

作者・・明石海人=1901~1939。ハンセン病を患い
    岡山県の愛生園で療養。手指の欠損、失明、
    喉に吸気管を付けた状態で歌集「白描を出
    版」。

出典・・荒木力著「よみがえる万葉歌人・明石海人」。


************** 名歌鑑賞 *************


霜やけの 手を吹いてやる 雪まろげ   
                    羽紅

(しもやけの てをふいてやる ゆきまろげ)

意味・・雪まろげに興じていた子供の手を見ると、
    霜やけで赤くはれているので、息を吹き
    かけ温めてやった。

    いかにも母親らしい、子を思う情愛に
    あふれた句です。

 注・・雪まろげ=雪を丸め転がして大きくする
       こと。
作者・・羽紅=うこう。生没年未詳。野沢凡兆(1
    714年没、金沢の医者)の妻。

出典・・猿蓑。


**************** 名歌鑑賞 **************


晴るる夜の あはれはいはじ 月かげの おぼろにうつる
須磨の浦波
                   藤原為相

(はるるよの あわれはいわじ つきかげの おぼろに
 うつる すまのうらなみ)

意味・・晴れている夜の趣き深さはいうまでもないで
    あろう。月の光がおぼろに映っている須磨の
    浦波の面白さも決して劣ることはあるまい。

    秋のさわやかに輝く月はもちろん良いが、お
    ぼろに霞んで見える春の月も良いものだ。

 注・・あはれ=しみじみとした趣、深い感慨。

作者・・藤原為相=ふじわらのためすけ。1263~1328。
    正二位権中納言。母は阿仏尼(十六夜日記が有
    名)。

出典・・為相百首(小学館「中世和歌集」)


**************** 名歌鑑賞 **************


時過ぎて かれゆく小野の 浅茅には 今は思ひぞ
たえず燃えける
                 小町が姉
 
(ときすぎて かれゆくおのの あさじには いまは
 おもいぞ たえずもえける)

意味・・盛りの時が過ぎて、枯れてゆく野の浅茅には、
    今は野火の火が絶えず燃えている。
    恋の盛りの幸せな時が過ぎて、あなたから疎
    まれていても、私には恋しく思う胸の火が熱
    く燃えています。

 注・・小野=野。「小」は接頭語。小野氏を詠み込
     み、「浅茅」のあわれな姿に自分自身をなぞ
     らえている。
    浅茅(あさじ)=低い茅(かや)。

作者・・小町が姉=こまちがあね。生没年未詳。平安
     時代の人。小野小町の姉。

出典・・古今和歌集・790。


**************** 名歌鑑賞 ***************


冬がれに 里のわら屋の あらはれて むらどりすだく
梢さぶしも
                  賀茂真淵

(ふゆがれに さとのわらやの あらわれて むらどり
 すだく こずえさぶしも)

意味・・冬枯れのために葉がなくなって、これまで木々に
    隠れていた里の藁(わら)屋があらわに見えるよう
    になり、多くの鳥が梢に集まり群がる様子は寂し
    い。

 注・・すだく=集く。群がり集まる。

作者・・賀茂真淵=かものまぶち。1697~1769。田安宗
      武に仕える。本居宣長ら多くの門人を育てる。

出典・・小学館「近世和歌集」。

このページのトップヘ