名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年03月


**************** 名歌鑑賞 ***************


かうしては いられぬと思ひ そんならば 如何にすべきか
苦しみて病む
                    小名木綱夫

(こうしては いられぬとおもい そんならば いかに
 すべきか くるしみてやむ)

詞書・・病気で寝ながらの歌。

意味・・自分には、生活のためにも、その他いろいろな
    仕事のためにもしなければならない事が沢山あ
    る。じっと寝てなどはいられないのだが、病状
    が重く、寝ているしかない。

    必死に生きようとする気持ちがあるのだが、そ
    れが出来ないもどかしさを歌っています。

作者・・小名木綱夫=おなぎつなお。1911~1948。小
      学校を卒業後印刷工となったが、健康を害して
    仕事を転々とした。

出典・・歌集「太鼓」(桜楓社「現代名歌鑑賞事典」)


*************** 名歌鑑賞 **************


過ぎ去れば 昨日の遠し 今日もまた 夢の話と
なりぬべきかな
                  与謝野晶子
 
(すぎされば きのうのとおし きょうもまた ゆめの
 はなしと なりぬべきかな)

意味・・過ぎ去ってしまうと昨日も遠い事のようです。
    そのように今日という日もまた夢の話のよう
    に遠くなってしまうのでしょう。

    かく過ぎ去って、昭和は遠くなる。

    参考です。
    村田英雄の唄った「明治は遠くなりにけり」
    です。
               丘 灯到夫 作詞
               船村徹   作曲
    想い悲しく 東海の
    磯に涙の啄木や
    熱き血潮に 柔肌の
    歌人晶子 いまは亡く
    ああ明治は 遠くなりにけり

    汽笛一声 新橋の
    屋根におぼろの 七日月
    月の光は 変らねど
    人生あはれ五十年
    ああ明治は 遠くなりにけり

    水の流れと 人の身の
    行方定めぬ 世の姿
    晴れの維新の 大業も
    足音絶えて 幾星霜
    ああ明治は 遠くなりにけり 
  
啄木の東海の歌
   「東海の小島の磯の白砂に われ泣きぬれて
   蟹とたはむる」
晶子の柔肌の歌
   「やは肌のあつき血汐にふれも見で さびし
   からずや道をとく君」
人生あはれ五十年の歌
   「人間五十年下天の内を比ぶれば 夢幻の
   如くなり」
    
作者・・与謝野晶子=よさのあきこ。1878~1942。
    堺女学校卒。与謝野鉄幹と結婚。
     
出典・・歌集「心の遠景」(大塚虎彦著「名歌即約・
    与謝野晶子」)


**************** 名歌鑑賞 ***************


雲のうへの 春こそさらに わすられぬ 花は数にも
思ひ出でじを
                   藤原俊成

(くものうえの はるこそさらに わすられぬ はなは
 かずにも おもいいでじを)

意味・・雲の上、宮中での春は決して忘られないことです。
    しかし、花の方は私など物の数にも思わないでし
    ょう。

    例えてみると、
    地方に転勤になった時、自分は元の職場を懐かし
    く思って忘れられないのだが、元の職場の人達は
    私の事を忘れてしまうだろうなあ、という寂しい
    気持ちです。

 注・・雲のうへ=宮中。

作者・・藤原俊成=ふじわらのとしなり。1114~1204。
    正三位・皇太后宮大夫。千載和歌集の撰者。

出典・・千載和歌集・1056。


*************** 名歌鑑賞 ***************


山もとの 鳥の声より あけそめて 花もむらむら
色ぞみえゆく
                 永福門院

(やまもとの とりのこえより あけそめて はなも
 むらむら いろぞみえゆく)

意味・・山の麓で鳥の鳴き声がして夜があけはじめ、
    あそこに、こことに群がって咲いている桜
    の花が見え始めたてきた。

    麓で鳥が鳴き、次第に明るくなってゆくと
    山に群がり咲く桜の花も浮かびあがってく
    る、その美しさを歌っています。

 注・・むらむら=あちこちと群がっている状態。

作者・・永福門院=えいふくもんいん。1271~1342。
     伏見天皇の中宮。

出典・・玉葉和歌集・196。


**************** 名歌鑑賞 ***************


靴のあと みなことごとく 大空を うつすと勇み
泥濘をゆく
                 石川啄木

(くつのあと みなことごとく おおぞらを うつすと
 いさみ どろぬまをゆく)

意味・・靴の足跡の一つ一つに水が溜まって、どれもが
    大空を映す、そう思うと心が勇みたち、苦労し
    ながらも泥濘を歩いて行く。

      泥濘の靴跡でさえ青空を美しく映している、私
    の今の努力も必ず力となっていくことだろう。

作者・・石川啄木=いしかわたくぼく。1886~1912。
     26歳。盛岡尋常中学校中退。与謝野夫妻に師事
    するために上京。

出典・・歌集「石破集」。

このページのトップヘ