名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年04月


**************** 名歌鑑賞 ****************


藤波の 花は盛りに なりにけり 奈良の都を 
思ほすや君
                大伴四綱

(ふじなみの はなはさかりに なりにけり ならの
 みやこを おもおすやきみ)

意味・・ここでは藤の花が満開になりました。奈良の都を
    懐かしんでいらっしゃいますか、あなたも。

    大宰府の長官である大伴旅人に歌いかけたもので
    す。美しく咲いた藤の花を見て、

   「あおによし奈良の都は 咲く花のにほふがごとく
    今盛りなり」の奈良の都を思い出しています。

   (奈良の都は、咲いている花が色美しく映えるよう
    に、今や真っ盛りである)

 注・・藤波=藤の花。花房を波に見立てた語。
     
作者・・大伴四綱=おおとものよつな。生没年未詳。大宰
    府の防人司の長官。

出典・・万葉集・330。


*************** 名歌鑑賞 ***************


古に 恋ふらむ鳥は ほととぎす けだしや鳴きし 
我が念へるごと
                額田王

(いにしえに こうらんとりは ほととぎす けだしや
 なきし わがもえるごと)

意味・・昔を恋い慕っているという鳥のほととぎすよ。
    おまえは、私と同じように、はるか遠い昔を
    偲んで、悲しい声で鳴いているのだろうね。

 注・・らむ=・・ということであるが、さぞかしそ
     うであろう。
    けだし=おそらく、たぶん、まさしく。

作者・・額田王=ぬかたのおおきみ。生没年未詳。天
    武天皇の妃。

出典・・万葉集・112。


**************** 名歌鑑賞 **************


幸はひの いかなる人か 黒髪の 白くなるまで 
妹が声を聞く
                作者未詳

(さいわいの いかなるひとか くろかみの しろく
 なるまで いもがこえきく)

意味・・この世でどんな幸いに恵まれた人であろうか。
    黒髪が白くなるまで妻の声を聞くとは。

    夫婦とも白髪の人を幸せだなあと羨(うらや)
    む形で妻の死を嘆いています。

出典・・万葉集・1411。


***************** 名歌鑑賞 ***************


ただひとり 吾より貧しき 友なりき 金のことにて
交り絶てり
                  土屋文明

(ただひとり われよりまずしき ともなりき かねの
 ことにて まじわりたてり)

意味・・ただ一人だけ自分よりも貧しい友であった。その
    友とも、金銭のことが原因となっていつしか友情
    を絶ってしまった。

    あの時お金を貸してやれば良かったと思う。自分
    も貧しくて貸せなかったのだが、なんとか余裕が
    出来た現在、ふとそのことが思い出される。

作者・・土屋文明=つちやぶんめい。1890~1990。東大
            卒。明治大学教授。

出典・・歌集「往還集」(短歌新聞社「土屋文明の秀歌」)


***************** 名歌鑑賞 *****************


君がよりし 藤棚の陰に 霜葉落ち 君が見し水は
流れゆくなり
                 川田順

(きみがよりし ふじただなのかげに しもばおち きみが
 みしみずは ながれゆくなり)

意味・・あなたが寄りかかっていた藤棚の季節もさり、今は
    そのかげに霜葉も散って、あなたが見ていた川の水
    は、思い出をのせて流れている。

    親たちに反対された恋は実らなかったけれど、楽し
    かった恋の思い出は心に焼き付けられ、いつまでも
    生き続けているのであった。

 注・・霜葉=霜に打たれた葉。

作者・・川田順=かわたじゅん。1882~1966。東大法科卒。
    佐々木信綱に師事。

出典・・歌集「伎芸天」(桜楓社「現代名歌鑑賞事典」)

このページのトップヘ