名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年05月


**************** 名歌鑑賞 ****************


起きもせず 寝もせで夜を 明かしては 春のものとて
ながめ暮らしつ
                   在原業平

(おきもせず ねもせでよるを あかしては はるの
 ものとて ながめくらしつ)

意味・・あなたの事を思い続けて、起き上がりもせず、
    眠りもしないで一晩悩み明かしては、昼は昼
    でまた、春の季節のつきものとして長雨をじ
    っと眺めて、一日中物思いをして暮らしてし
    まった。

 注・・春のもの=春の景物としての長雨。
    ながめ=「長雨」と「眺め(物思い)」を掛け
     る。

作者・・在原業平=ありわらのなりひら。825~880。
    六歌仙の一人。

出典・・古今和歌集・616、伊勢物語。


*************** 名歌鑑賞 ****************


樗咲く 外面の木陰 露落ちて 五月雨晴るる 
風渡なり
               藤原忠良

(おうちさく そとものこかげ つゆおちて さみだれ
 はるる かぜわたるなり)

意味・・樗の花が咲いている。戸外のその木の下陰には、
    露がこぼれ落ち、五月雨が晴れようとするのを
    思わせる風が吹き渡っている。

    雨があがると感じた時の歌です。薄紫の栴檀の
    花と葉が雨に濡れており、風のためにこぼれ落
    ちる露のさわやかさを詠んでいます。

 注・・樗=栴檀の古名。柔らかい緑色の葉が細かく茂
     り、夏に薄紫の小さな花を沢山咲かす。

作者・・藤原忠良=ふじわらのただよし。1164~1225。
    正二位大納言。

出典・・新古今和歌集・234。


*************** 名歌鑑賞 ****************


  高きより飛び降りるごとき心もて
  この一生を
  終わるすべなきか
                   石川啄木

(たかきより とびおりるごとき こころもて この
 いっしようを おわるすべなきか)

意味・・高い所から一思いに飛び降りるような気持ち、
    そんな決断と勇気とを常に持ち続けてこの一生
    を終わる方法はないものか。

 注・・一生を終わる=終生。
    一生を終わるすべなきか=「か」は疑問の助詞
     だが、それによって希望を表現している。「
     ・・ないものだろうか」すなわち「終生そん
     な気持ちを持ちつづけたい」の意になる。

作者・・石川啄木=いしかわたくぼく。1886~1912。
            26歳。盛岡尋常中学校中退。与謝野夫妻に師事
    するために上京。


**************** 名歌鑑賞 ****************


隅田川 堤に立ちて 船待てば 水上遠く 
鳴くほととぎす
               橘千蔭

(すみだがわ つつみにたちて ふねまてば みなかみ
 とおく なくほととぎす)

意味・・隅田川の土手に立って渡し舟の来るのを待って
    いたら、上流の遠くの方でほととぎすが鳴いて
    いる。

    舟を待つ手待ち時間に鳥の鳴き声を聞きながら
    ゆったりしている情景です。

作者・・橘千蔭=たちばなちかげ。1735~1808。江戸
      町奉行の与力。賀茂真淵に和歌を学ぶ。

出典・・家集「うけらが花」(東京堂出版「和歌鑑賞事典
    」)



**************** 名歌鑑賞 **************


神風の 伊勢の浜荻 折り伏せて 旅寝やすらむ
荒き浜辺に
                碁檀越妻

(かみかぜの いせのはまおぎ おりふせて たびねや
 すらん あらきはまべに)

意味・・伊勢の国の海辺に生い茂っている荻を折り伏せ
    て寝床とし、わが夫は旅寝をしていることだろ
    うか、その荒々しい海辺で。

    夫が伊勢国に行った時、京に留まった妻が詠ん
    だ歌です。

    当時の旅は野宿も多く旅は大変であった。その
    旅が無事に終えて欲しいと、妻が祈っている歌
    です。

 注・・神風の=「伊勢」の枕詞。
    荻=イネ科の多年草。水辺や原野に生える。薄
     に似ている。

作者・・碁檀越妻=ごのだにおちのめ。生没年未詳。碁
    は氏。檀越は寺の施主の意で称号。

出典・・万葉集・500。 

このページのトップヘ