名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年07月


*************** 名歌鑑賞 *****************


朽ちゆくも なにかおしまむ うき世には かへらぬみちの
谷のしばはし
                    萩原宗固

(くちゆくも なにかおしまん うきよには かえらぬ
 みちの たにのしばみち)

意味・・朽ちてゆくのもどうして惜しむ必要があろうか。
    俗世には戻らないと決心してたどって来た道の
    通る谷の芝橋は。

    乗りかかった船です。乗って漕ぎ出した船から
    は降りることが出来ないことから、一旦手をつ
    けてやり出した以上は、途中でやめたり、手を
    引いたり出来ないということで、決心の気持ち
    を詠んでいます。

作者・・萩原宗固=はぎわらそうこ。1703~1784。幕府
    の与力。冷泉為村に師事。

出典・・小学館「近世和歌集」。


**************** 名歌鑑賞 ****************


山里に 独り眺めて 思ふかな 世に住む人の 
心強さを           
               慈円

(やまざとに ひとりながめて おもうかな よにすむ
 ひとの こころづよさを)

意味・・山里で、一人しみじみと見入って思うことだ。
    辛い世を嫌わないで住んでいる人の心強さを。

    逃げ腰ではなく頑張って明るく生きている世
    の姿を見ています。

 注・・眺めて=物思いに沈みながらぼんやり見入る。
    世=憂き世、辛い世。
    心強さ=辛い世を嫌わないで、逃れようとも
     思わない心の強さ。

作者・・慈円=じえん。1225年没、71歳。大僧正。
    新古今時代歌壇の指導者の一人。

出典・・新古今和歌集・1658。


************** 名歌鑑賞 ****************


眠くなりて ねむりし昼の しばしだに 命やすしと 
せめて思ふよ
                   大井広

(ねむくなりて ねむりしひるの しばしだに いのち
 やすしと せめておもうよ)

意味・・眠いままにしばらく昼寝をし、目覚めた思いは、
    このしばしの時間は、哀しみを忘れて、我が命
    に安らぎのあった時だと思う。
 
    嫌な事があったのだろうが、自然の要求に従
    って素直に眠った昼寝が、気持ち良い目覚め
    となり嫌な事も忘れて安らぎを感じています。

 注・・命やすし=いくら思い悩んでも解決出来ない
     ような問題を持っていて、昼寝をしたらそ
     の心地よさが、嫌な事を忘れさせてくれた
     ような状態。

作者・・大井広=おおいひろえ。1893~1943。京大文
    学部卒。立命館大教授。太田水穂に師事。

出典・・歌集「きさらぎ」(東京堂出版「現代短歌鑑
    賞事典」)

***************** 名歌鑑賞 ***************


をりをりの これや限りも いく思ひ そのあはれをば
知る人もなし
                  京極為兼

(おりおりの これやかぎりの いくおもい そのあわれ
 をば しるひともなし)

意味・・逢ったその折にこれが最後かと何度も思った。
    その切ない気持ちは二人以外に誰も知らない
    ことだ。

    なんとか逢ってくれたが、これが最後でもう
    逢えないと思うと切ない。そんな切なさを幾
    たび味わったことか。

    逢えないのは周囲の反対のためか、それとも
    相手の愛情が薄れたためなのか。

作者・・京極為兼=きょうごくためかね。1254~1332。
    正二位権大納言。玉葉和歌集の撰者。

出典・・玉葉和歌集・1675。


**************** 名歌鑑賞 ****************


恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ
思ひそめしか
                   壬生忠見

(こいすちょう わがなはまだき たちにけり ひとしれず
 こそ おもいそめしか)

意味・・恋をしているという私の噂が早くもたってしまった
    ものだ。誰にも知られないように、心ひそかに思い
    始めていたのに。

 注・・名=評判、うわさ。
    まだき=早くも、もう。

作者・・壬生忠見=みぶのただみ。生没年未詳。壬生忠岑の子。

出典・・拾遺和歌集・621、百人一首・41。

このページのトップヘ