名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年08月


**************** 名歌鑑賞 **************


紫の 色濃き時は 目もはるに 野なる草木ぞ
わかれざりける
               在原業平

(むらさきの いろこきときは めもはるに のなる
 くさきぞ わかれざりける)

詞書・・自分の妻の妹を妻としていました人に、男の
    正装着物を進呈するといって詠んだ歌。

意味・・紫草が色濃く咲いている時は、その他の野の
    草木もみんな美しく見え、区別がつかなくな
    るのです。そのように、私も妻を深く愛して
    いるから、妻の縁につながる人もみんな愛(い
    と)しい気がします。どうぞ御遠慮なくこの着
    物をお受け取り下さい。

    身分の低い男と、高貴な身分の男とに嫁(とつ)
    いだ姉妹がいた。貧しい男に嫁いだ女は、し
    なれぬ衣の洗い張りをして、正装の着物を破っ
    てしまい、嘆き悲しんでいたので、高貴な男は
    義妹に新しい正装の着物を贈った(伊勢物語より)。

 注・・紫=紫草。根から紫色の染料を取った。「紫」
     は女性を形容する言葉として使われ、ここ
     では妻を暗示している。
    色濃き=濃きの裏に、(妻を)可愛く思う時の
     意を含めている。
    目もはるに=見る目もはるかに・見渡す限り。
    野なる草木=野に生えている草木。妻縁類の
     人々の意を裏に含んでいる。
    わかれざりける=分れざりける。区別がする
     事が出来ない。

作者・・在原業平=ありわらのなりひら。825~880。
    美濃権守。

出典・・古今和歌集・868、伊勢物語・41段。



**************** 名歌鑑賞 ***************


倭方に 往くは誰が夫 隠津の 下よ延へつつ
往くは誰が夫
               黒比売

(やまとへに ゆくはたがつま こもりづの したよ
 はえつつ ゆくはたがつま)

 意味・・そんなことをおっしゃりながら、あなたは
     大和の方にいる方に心を惹かれて、お帰り
     になるのですね。私は、その方が羨ましい。

     「仲良くいつまでも若菜を摘みたいね」と
     言いながら大和に帰って行く仁徳天皇。そ
     う言いながら、隠れ水が忍んで流れるよう
     に、こそっと来ては帰って行く仁徳天皇。
     帰って行く先に、好きな人がいると思うと
     やりきれなくなってくる。

 注・・夫(つま)=妻。夫から妻を呼ぶ語。
    隠津=隠れ水。草などに隠れて見えないよう
     に流れる水。
    下へ延へつつ=草花の下を流れつつ。

作者・・黒比売=くろひめ。仁徳天皇の恋人。

出典・・古事記。


**************** 名歌鑑賞 ****************


山県に 蒔ける青菜も 吉備人と 共にし摘めば
楽しくもあるか
                仁徳天皇

(やまがたに まけるあおなも きびびとと ともにし
 つめば たのしくもあるか)

意味・・煩(わずら)わしい宮中を逃れて、お前と二人、
    こうして山の畑に青菜を摘む楽しさ。この一時
    が永遠に続けばいいのに。

    「淡路島を視察に行ってくるぞ」と言って、嫉
    妬深い妻の磐姫皇后から逃れて、吉備の人であ
    る恋人の黒比売(くろひめ)に逢った時の歌です。

 注・・山県=山の畑。
    吉備=山陽地方の古代の名。岡山県と広島県の
     東部。砂鉄・塩の産地で栄えた。

作者・・仁徳天皇=仁徳天皇。西暦300年頃の天皇。「高
    き屋に登りて見れば煙立つ民の竈はにぎわいに
    けり」と詠んで善政を行ったことで有名。

出典・・古事記。


***************** 名歌鑑賞 ***************


訪へかしと 思へば人の 訪ひ来つつ 同じこころを
月に見るかな
                  橘千蔭

(とえかしと おもえばひとの といきつつ おなじ
 こころを つきにみるかな)
 
意味・・誰か訪ねて来てほしいものだと思っていたら
    友が訪ねて来た。自分と同じように美しいも
    のを愛する心のあることを、この月とともに
    眺めて知ったことである。

    近くに竹林があるのか、ススキが風でなびい
    ているのか、風雅の士で月を楽しんでいる姿
    です。

作者・・橘千蔭=たちばなちかげ。1735~1808。江
            戸町奉行の与力。加茂真淵に和歌を学ぶ。

出典・・家集「うけらが花」(東京堂出版「和歌鑑賞
    事典」)


**************** 名歌鑑賞 ***************


報復は 神がし給ふと 決めをれど 日に幾たびも
手をわが洗ふ
                 大西民子

(ほうふくは かみがしたまうと きめおれど ひに
 いくたびも てをわがあらう)

意味・・仕返しは神がなさると決めているけれども、
    自分にしみついた手の汚れ、自分の抱いてい
    る恨みや憎しみを洗い流そうとして、日に幾
    度も手を洗う。

    報復を思うなどということは、それ自身が悪
    い考えであり、心の汚れである。しかし、我
    が心は濁り手は汚れている。願わくは、我が
    心の受けた汚れ,憎しみを洗い流したい。

作者・・大西民子=おおにしたみこ。1924~1994。
            奈良女子高等師範卒。木俣修に師事。

出典・・東京堂出版「現代短歌鑑賞事典」。

このページのトップヘ