名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年09月


***************** 名歌鑑賞 *****************


人生は もっと幸福で あっていい ある時はさう考へて
その気にもなる
                 矢代東村

(じんせいは もっとこうふくで あっていい あるときは
 そうかんがえて その気にもなる)

意味・・人間は幸福になっていいはずなのに、どうして、
    こんなに不幸な思いをしなければならないのか、
    いつもそう思うことだ。

    病気やいじめなど不幸の原因は多くあるが、自
    分の努力で解決出来ない不幸は、こんな事がな
    ければ楽しく暮らせるのに、と思うものです。

作者・・矢代東村=やしろとうそん。1889~1952。日大
    法科卒。弁護士。

出典・・桜楓社「現代名歌鑑賞事典」。


***************** 名歌鑑賞 ***************


いたつきの 癒ゆる日知らに さ庭べに 秋草花の
種を蒔かしむ
                   正岡子規

(いたつきの いゆるひしらに さにわべに あきぐさ
 ばなの たねをまかしむ)

詞書・・しひて筆をとりて。

意味・・自分の病気は、いつになったら治るのか、それ
    すら分からないが、庭には秋咲きの草花の種子
    を蒔いてもらった。

    いくばくの命もなく、秋までは生きられないだ
    ろうと覚悟はしているが、何としても生き抜い
    て、この花の咲くのを見たいものだと、種を蒔
    いてもらった。

    死が近づき、気力も弱まった頃「しひて筆をと
    りて」詠んだ歌です。
    子規はその年の9月19日に没しました。
    
 注・・いたつき=労。骨折り、病気。

作者・・正岡子規=まさおかしき。1867~1902。35歳。
    東大国文科中退。脊髄カリエスで腰痛のため歩行
    困難になり長年病床に臥す。

出典・・歌集「竹の里歌」。


****************** 名歌鑑賞 ****************


天翔り あり通ひつつ 見らめども 人こそ知らね
松は知るらむ
                 山上億良

(あまがけり ありかよいつつ みらめども ひとこそ
 しらね まつはしるらん)
 
意味・・有馬皇子の魂は、翼を得て天空を飛び通いながら、
    常にご覧になっておりましょうが、人にはそれが
    分からない。しかし松はちゃんと知っていること
    でしよう。

    有馬皇子の死後、およそ70年後に歌ったものです。
    人知らずとも松は知ると述べて、皇子への理解と
    共感を示しています。

    有馬皇子の歌、参考です。

    磐代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば 
    また還り見む    (万葉集・141)

   (磐代の浜松の枝を結んで幸いを祈って行くが、もし
   無事であった時には、再び帰ってこれを見よう・・
   反逆を企てたという罪で捕らえられた時の歌です)

 注・・天翔(あまがけ)り=神や人の霊が天を飛び走る。
 
作者・・山上憶良=やまのうえおくら。660~733。遣唐
    使として渡唐。大伴旅人と親密に交流

出典・・万葉集・145。


***************** 名歌鑑賞 ***************


みぎはくる 牛飼ひ男 歌あれな 秋のみづうみ
あまりさびしき
                与謝野晶子

(みぎわくる うしかいおとこ うたあれな あきの
 みずうみ あまりさびしき)

意味・・湖の水際を、まっ黒な牛を牽(ひ)きつつ黙々と
    歩いてこちらにやって来る牛飼い男さんよ。
    せめて一節、牧童の唄う歌でも唄ってください
    ませんか。人影もなく、しんとして冷ややかに
    澄んだ秋の湖、この湖の雰囲気はあまりにも寂
    しくてそれに私は耐えられませんので。

 注・・あれな=「な」は終助詞で命令形を受けて優し
     く念を押す気持ちを添える語。

作者・・与謝野晶子=よさのあきこ。1878~1942。堺女
    学校卒。与謝野鉄幹と結婚。「明星」の花形と
    なる。

出典・・歌集「みだれ髪」(荻野恭茂著「晶子の美学・
    珠玉の百首鑑賞」)


**************** 名歌鑑賞 ****************


今宵より 後の命の もしあらば さは春の夜を
かたみとおもはむ
                源資通 

(こよいより のちのいのちの もしあらば さは
 はるのよを かたみとおもわん)

意味・・寿命というものは、いつ、果てるか分かりませが、
    今から後の私の人生に、春の夜が巡り来るたびに、
    あなたとお会いした夜を思い出す事でしょう。

    源資通が菅原孝標女(たかすえのむすめ)たちの女
    房(女官のこと)がいる所にやって来て「あなたが
    た、春と秋と、どちらがお好きですか」尋ねると、
    一緒にいる女房が「秋の夜が好き」と答えるのを
    聞いて、孝標女は次の歌を詠んだ。

    浅緑 花もひとつに 霞みつつ おぼろに見ゆる
    春の夜の月  (新古今・56)

         (浅緑の空とほのかな桜。それがひとつに霞わたっ
    た中の春のおぼろ月。私は春の夜に魅かれます)

    菅原孝標女は源資通の歌を聞いて胸をときめかせ
    たという。

 注・・さは=多は。たくさん、数が多い事を表す。
    かたみ=過ぎ去ったことを思い出させるもの。

作者・・源資通=みなもとのすけみち。1005~1060。従
            二位参議。
    菅原孝標女=すがわらのたかすえのむすめ。101
    0年頃の女性。更級日記が有名。

出典・・更級日記(著者・菅原孝標女)

このページのトップヘ