名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年10月


**************** 名歌鑑賞 ****************


ふかき夜の 露に草葉は うづもれて 虫の音たかし
野べの月かげ
                  頓阿法師

(ふかきよの つゆにくさばは うずもれて むしの
 ねたかし のべのつきかげ)

意味・・深夜、一面に置いている露に、草葉は埋もれて
    しまって、野辺には月光が照りわたり、虫が高
    い音で鳴いている。

    草葉には露を置き、月光のもとに鈴虫が鈴を鳴
    らすように鳴いている秋の夜の美しい光景です。

作者・・頓阿法師=とんあほうし。1289~1372。浄弁・
    慶雲・兼好らとともに、和歌の四天王と称され
    た。

出典・・新続古今和歌集。


*************** 名歌鑑賞 ****************


職を辞め 籠る日ごとに 幼らは おのもおのもに 
我に親しむ
                明石海人

(しょくをやめ こもるひごとに おさならは おのも
 おのもに われにしたしむ)

意味・・仕事を辞め、家に閉じこもる日々にあって、
    子供二人がそれぞれの形で私と親しみを深め
    ていくことだ。

    医師に癩病と診断され、学校の教師を辞めた
    頃の歌です。
    退職後一日中家にこもる父親に、事情を知ら
    ない子供たちは大喜びであった。父親の身に
    まつわり、戯れ、いっそう親しみを向けるよ
    うになった。
    しかし、病気が癩であることから、子供を近
    づけることは危険であった。癩菌は十歳以下
    の抵抗力の弱い年代にうつりやすいと聞いて
    いるからである。
    まつわりつこうとする幼児を振り払って庭に
    出る。手持ちぶさたのままに、小鳥かごの中
    の小鳥たちを覗いてみる。が体中に湧き上が
    って来る虚しさをどうすることも出来ない。

 注・・おのもおのも=己も己も。銘々が、それぞれ。

作者・・明石海人=1901~1939。ハンセン病を患い
    岡山県の愛生園で療養。手指の欠損、失明、
    喉に吸気管を付けた状態で歌集「白描」を出
    版。

出典・・松田範祐著「小説・瀬戸の潮鳴り」。


**************** 名歌鑑賞 ****************


世の中の 憂きも辛きも 今日ばかり 昨日は過ぎつ
明日は知らず
            
(よのなかの うきもつらきも きょうばかり きのうは
 すぎつ あすはしらず)

意味・・世の中には嫌な事もあれば辛い事もある。だが、
    嫌な事や辛い事をいつまでも引きずっていても
    どうしようもない。どんなに大変な事でも今日
    だけの事であり、時とともに過ぎて行く。そし
    て明日の事は誰にも分らない。いつまでもくよ
    くよしないで、嫌な事や辛い事はぱっと忘れて、
    ケセラセラで行こうじゃないか。

出典・・山本健治著「三十一文字に学ぶビジネスと人生
    の極意」。 


*************** 名歌鑑賞 ***************


東の 山の紅葉 夕日には いよいよ紅く
いつくしきかも
             田安宗武

(ひんがしの やまのもみじば ゆうひには いよいよ
 あかく いつくしきかも)

意味・・東のほうの山々の紅葉が、夕日が射すといっそう
    紅(くれない)色に映えて美しいことだなあ。

 注・・いつくしき=美しき。美しい、立派だ。
    かも=詠嘆を表す意。・・だなあ。

作者・・田安宗武=たやすむねたけ。1715~1771。八代
    将軍吉宗の次男。松平定信の実父。

出典・・東京堂出版「和歌鑑賞事典」。


**************** 名歌鑑賞 ***************


奥山に たぎりて落つる 滝つ瀬の 玉ちるばかり
物な思ひそ
                 貴船明神

(おくやまに たぎりておつる たきつせの たまちる
 ばかり ものなおもいそ)

意味・・奥山で湧き返って流れ落ちるこの貴船川の激流
    が玉となって散るように、そんなに魂が散り失
    せるほど、物を思うのではないのだよ。

    和泉式部が男に振られた時、貴船神社に参詣し、
    みたらし川に蛍が飛んでいるのを見て詠んだ次
    の歌の返歌です。

   「物おもへば沢の蛍も我が身よりあくがれいづる
    たまかとぞみる」   (後拾遺和歌集・1164)

    (私があまりにも物を思っているので、貴船の清
    流の上を沢山飛んでいる蛍も、私の体からふらふ
    ら抜け出た魂のように思われます)

    貴船明神は「あまり思いわずらわないで、身をい
    たわりなさい」と慰めています。

 注・・滝つ瀬=わきかえり流れる急流。
    玉ちるばかり=激流のしぶきの玉が散るように。
     魂が散り失せるように。
    沢=水たまりの草の生えた低地をいうが、「多・
     さわ(たくさん)」を掛ける。
    あくがれ=憧がれ。上の空になる。

作者・・貴船明神=京都市左京区貴船町にある貴船神社の
    神・祭主。

出典・・後拾遺和歌集・1165。

このページのトップヘ