名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2017年12月


*************** 名歌鑑賞 ***************


大晦日 定めなき世の 定めかな
                    井原西鶴

(おおみそか さだめなきよの さだめかな)

意味・・この世ははかなく定めのないものであるが、
    借金取りに追われる大晦日だけは毎年きちん
    とやって来る。これこそ定めのない世の定め
    というべきであろう。

    当時の大晦日は一年の決算期。借金の支払い
    をしなければならない定めがあった。この日
    に支払いが出来そうにない者はなんとか取り
    立てから逃がれようとしたものである。

    自分の思った通りにいかず、本当にいろいろ
    な事があった一年でしたが、ともかくも平凡
    ながら大晦日を迎える事が出来ました。来年
    もよろしくお願い致します。

 注・・定めなき世=無常な世の中。常に変化する世
     の中であり、明日はどうなるか決まってい
     ないこと。
     
 作者・・井原西鶴=いはらさいかく。1642~1693。
     小説・世間胸算用ゃ好色一代男が有名。

出典・・小学館「近世俳句俳文集」。


**************** 名歌鑑賞 ****************


  その昔
  小学校の柾屋根に我が投げし鞠
  いかにかなりけむ
                           石川啄木

(そのむかし しょうがっこうの まさやねに わがなげし
 まり いかになりけん)

意味・・その昔のこと、小学生の私は小学校の柾屋根に
    向かって鞠を投げては、落ちてくるのを下で受
    け取って遊んでいた。それがどうしたわけか、
    下に落ちて来ず、そのままになってしまった事
    があった。あの鞠はその後どうなってしまった
    のだろうか。

    まりを投げては下で待っていた無心な子供の頃
    の気持ちがよみがえり、その頃を懐かしんでい
    ます。

 注・・柾屋根=木の薄板でふいた屋根。

作者・・石川啄木=いしかわたくぼく。1886~1912。26
     歳。盛岡尋常中学校中退。

出典・・歌集「一握の砂」。


************** 名歌鑑賞 *************


霰ふる 音にも世にも 聾傘
                 長谷川馬光

(あられふる おとにもよにも つんぼがさ)

意味・・霰が降るなかに傘をさしてゆくと、傘に
    ぱらぱらと音がうるさいほどあるはずだ
    が、年をとって耳が遠くなったので霰の
    音もそれほどには聞こえず、そのように、
    公の勤めをやめた自分は、世の中の動き
    にも無頓着に、遁世した者のような暮ら
    し方をしている。

 注・・世にも=音が聞こえないように、世間の
     ことにもうとくなることをいう。
    聾傘=傘に降る霰の音が聞こえず、また
     世間のことにも関心をもたないこと。
    遁世(とんせい)=世を逃れて隠れること。
     隠居すること。

作者・・長谷川馬光=はせがわばこう。1685~
            1751。山口素堂門下。

出典・・小学館「近世俳句俳文集」。


*************** 名歌鑑賞 **************


松杉の 上野を出れば 師走かな
                  長谷川馬光

(まつすぎの うえのをでれば しわすかな)

意味・・常盤木である松や杉がこんもり茂っていて、
    季節の移り変りもあまり感じられない上野
    の山を出て、町へおりて行くと、町は師走
    で、上野の山とはうって変わったあわただ
    しい人々の生活が見られることだ。
    
 注・・松杉の=松や杉の木の茂っている。
    上野=江戸の北東部の上野の山(今の上野
     公園あたり)。
    師走かな=町は歳末で、あわただしい気配
     に満ちている。

作者・・長谷川馬光=はせがわばこう。1685~1751。
    山口素堂門下。

出典・・小学館「近世俳句俳文集」。


******************* 名歌鑑賞 *********************


行く年の をしくもあるか ます鏡 みる影さへに 
くれぬと思へば
                 紀貫之

(ゆくとしの おしくもあるか ますかがみ みるかげさえに
 くれぬとおもえば)

意味・・暮れ行く年というものは実に名残惜しく思えてなりません。
    なぜかといいますと、朝夕手に取っている明鏡に映る私の
     姿までがひとしお暗(く)れる・暮れるように思われますので。

    鏡を見て、年々老いて人生の暮れに近づいて行く自分の姿の
    自覚とその寂しさを年の瀬の名残惜しさとに結びつけたもの
    です。

 注・・行く年=去って行く年。
    ます鏡=真澄の鏡、よく澄んでいる鏡。
    影=水や鏡に映る姿。
    くれぬ=「暮れぬ」と「暗れぬ」を掛ける。「暗れぬ」は
      姿が暗くなる・醜くなるの意。

作者・・紀貫之=きのつらゆき。868~945。土佐守。古今和歌集の
    撰者。

出典・・古今和歌集・342。

このページのトップヘ