名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年01月


***************** 名歌鑑賞 *****************


ふところの日参帳や寒詣
                 村上鬼城

(ふところの にっさんちようや かんもうで)

意味・・自分で解決出来ない悩み事を神仏に助けてもうため、
    素肌に白装束の姿で裸足になって、夜分神社に参詣
    している。寒さを忍び苦難をおかし神仏に真心を捧
    げている。寒入りから寒明けの三十日間参詣すると
    願いが叶えられるという。今、日参帳を付けて参拝
    している。自分の願いを聞き届けて欲しい。

    解決出来ない悩み事をかかえており、神仏にすがる
    ほかない切実な願いを詠んでいます。

 注・・寒詣=寒の入りから寒明けまでの三十日間、夜分に
     神社や寺に参詣すること。寒入りは一月五日の小
     寒から立春の前日の寒明け、二月三日まで。昔は
     裸や素肌に白装束に裸足になってお参りしていた。
    日参帳=神社・仏閣に満願成就を願って、毎日参詣
     しその印に記帳してもらうこと。

作者・・村上鬼城=むらかみきじょう。1865~1938。耳疾
            病を患う。


**************** 名歌鑑賞 ****************


愛し妹を いづち行かめと 山菅の そがひに寝しく
今し悔しも
                 東歌

(かなしいもを いずちゆかめと やますげの そがいに
 ねしく いましくやしも)

意味・・いとしい妻よ。お前が俺を置いて、決してどこ
    へも行かないと思えばこそ、生きていた日には
    夫婦喧嘩なんかして、背中合わせに寝た日もあ
    った。そのことが、お前の亡きあと悔やまれて
    たまらない。

    挽歌です。愛し合う者どうしの間には、さまざ
    まな思いが通いあう。愛の歓びにわきたつ日も
    あれば、憎しみののしる日もあろう。でも、生
    きている日こそ大切。相手が亡き人となってか
    ら、ありしののことを、ああすればよかった、
    こうすればよかっと、深く後悔してももう取り
    返しつかない。そんな思いをこめています。

 注・・愛(かな)し=いとおしい。
            いづち行かめと=どこへにも行く事はあるまい
     とたかをくくって、の意。
    山菅の=「背向・そがい」にかかる枕詞。
    そがひ=背向。背面。背中合わせ。
    挽歌=死を悲しむ歌。

出典・・万葉集・3577。


*************** 名歌鑑賞 ****************


冴ゆる夜の 仮寝の夢に 聞こゆなり 明日の山路の
雪折れの声
                  大内政弘

(さゆるよの かりねのゆめに きこゆなり あすの
 やまじの ゆきおれのこえ)

意味・・冴え冴えとした夜、夢うつつで仮寝をしている
    と、明日超えて行く山路のあたりから雪の重み
    で木々の枝が折れる音が聞こえて来ることだ。

    冴える夜、夢であったのか、現実なのか、山の
    方からしんしんと降る雪の重みで木の折れる音
    が聞こえてきた、そして、それでなくとも辛い
    山路が雪でさらに辛くなる事を詠んでいます。

 注・・仮寝=熟睡することなく寝ること。もともと浅
     い眠りである上に冴え冴えした夜であるため
     により一層深く寝入る事が出来ないのである。

作者・・大内政弘=おおうちまさひろ。1446~1495。
    従四位左京大夫。

出典・・家集「拾塵集」(笠間書院「室町和歌への招待」)



**************** 名歌鑑賞 ****************


山陰の 岩もる清水 こほりいて をとせぬしもぞ 
冬をつげける
                頓阿法師

(やまかげの いわもるしみず こおりいて おとせぬ
 しもぞ ふゆをつげける)

意味・・山陰の岩間から音をたてて洩れていた清水が
    凍りついてしまった。そのさまは音をたてな
    いものの、冬の到来を告げている。

    音が無ければ告げられないはずだが、音が無
    くても冬を告げるという面白味を詠んでいま
    す。
    
 注・・しも=強調の助詞。

作者・・頓阿法師=とんあほうし。1289~1372。二
            条為世門の和歌四天王。

出典・・「頓阿法師詠」(中世和歌集室町編・新日本
          古典文学体系)。


*************** 名歌鑑賞 ***************


憂き身には 頼まずながら さすがまた 筆の跡をば
見てぞ慰む
                   卿内侍

(うきみには たのまずながら さすがまた ふでの
 あとをば みてぞなぐさむ)

意味・・世のつらさを一身に負っている私は、恋する
    人の心など頼みにすることは出来ないが、し
    かしそうは言っても、かって優しい言葉を書
    き連ねてくれた手紙を広げて見ては心を慰め
    るのである。

    相手の男を信頼するに足りないものの、それ
    でもかって男から届けられた手紙を広げてし
    まう女心を詠んでいます。

 注・・憂き身=この世で報われることのない辛い身。
     人生一般における状態も言うし、恋の成就
     出来ない身を言う場合もある。ここでは恋
     歌としてとっている。
    さすがまた=そうはいってもまた。ここでは、
     信頼なんか置いていないもののそうはいっ
     てもまた、の意。
    筆の跡=筆で書かれた文字の跡であるが、手
     元に残された恋する人の手紙類。

作者・・卿内侍=きょうのないし。1483~1543。

出典・・卿内侍集(笠間書院「室町和歌への招待」)。

このページのトップヘ