名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年02月


***************** 名歌鑑賞 ****************


うつせみの 世やも二行く 何すとか 妹にも逢はずて
我がひとり寝む
                  大伴家持

(うつせみの よやもふたゆく なにすとか いもにも
 あわずて あがひとりねん)

意味・・この現実の世がもう一度繰り返される事があろ
    うか。それなのに、このかけがえのない夜を、
    あなたに逢わないで、寂しく、ひとり寝が出来
    ようか。
    出来ない、あなたに是非逢いたい。

    大伴家持が恋人の大伴坂上大嬢(おおとものさか
    のうえのいらつめ)にあてた恋の歌です。

    人は死に、二度とは生き返らない。人生は一度き
    り、二度と再生はきかない。このかけがえのない
    人生。あなたと楽しい人生を送りたい。

    兼好法師の言葉、参考です。
    「存命の喜び、日々楽しまざるべけんや 」

    (いのち長らえている事の喜びを、日々かみしめて
    楽しく生きていこう。そうしないでいいものか。) 
     
 注・・うつせみの=世にかかる枕詞。現世。現実の。
    やも=反語。
    二行(ふたゆ)く=繰り返される事。
    うつせみの世やも二行く=この現実の世の中がも
     う一度繰り返される事があろうか。人生は二度
     あるわけではない。
    何すとか=どうして。反語の意を表す。

作者・・大伴家持=おおとものやかもち。718~785。大
            伴旅人の長男。少納言。万葉集の編纂をする。

出典・・万葉集・733。


**************** 名歌鑑賞 ***************


流れての 世をもたのまず 水の上の 泡に消えぬる
うき身と思へば
                  大江千里

(ながれての よをもたのまず みずのうえの あわに
 きえぬる うきみとおもえば)

詞書・・この人生、心のままにならぬ事が多いなどと
    申しあげましたところ、行き先頼もしい人が
    そのようなことはありますまい、と人が申し
    たので詠んだ歌。

意味・・長生きしてよい事があるなんて期待しません。
    流れる水の上の泡のように、はかなく消える
    つらい我が身だと思っていますので。

 注・・流れての世=「流れ」に「永らえて」が掛か
     って、永くあるべき世の意になる。
    たのむ=期待する、あてにする。

作者・・大江千里=おおえのちさと。883年頃の人。
    文章博士。

出典・・後撰和歌集・1115。


*************** 名歌鑑賞 ***************


薄き濃き  野べの緑の 若草に 跡までみゆる
雪のむら消え
                宮内卿

(うすくこき のべのみどりの わかくさにあとまで
 みゆる ゆきのむらぎえ)

意味・・野辺の若草の緑が、ある所では薄く、ある所
    では濃く見える。雪のむらになって消えた跡
    によって。

    待ち遠い春ももうすぐです。

作者・・宮内卿=くないきょう。1202頃~?。20歳
    くらいで死んだ。後鳥羽院に使えた女房。

出典・・新古今和歌集・76。


*************** 名歌鑑賞 ***************


家妻と 茶を汲みおれば 年を経て 帰り来たりし
我が家ともなき
                 明石海人

(いえづまと ちゃをくみおれば としをへて かえり
 きたりし わがいえともなき)

意味・・妻と一緒にお茶を飲んでいると、何年もたって
    から帰って来た我が家という感じがしない。

    長年病気で療養中、治る見込みがないので体力
    が残っているうちに、両親と妻子に会いに帰っ
    た時に詠んだ歌です。
    ふるさとの我が家で、妻とすするお茶のおいし
    さ。そして懐かしさ。長かった別離の日々がな
    かったように、かっての日々の翌日のごとく、
    ごく自然に今日という日を迎えているような気
    がした。
    が、すぐにやって来る別離の日々は否(こば)み
    ようもない、この日が続いて欲しい!

作者・・明石海人=あかしかいじん。1901~1939。ハン
    セン病を患い岡山県の愛生園で療養。手指の欠
    損、失明、喉に吸気管を付けた状態で歌集「白
    描」を出版。

出典・・歌集「白描」。


*************** 名歌鑑賞 ****************


跡見れば 心なぐさの 浜千鳥 今は声こそ
聞かまほしけれ
               詠み人知らず

(あとみれば こころなぐさの はまちどり いまは
 こえこそ きかまほしけれ)

意味・・筆跡を見れば、心が慰みます。名草の浜の千鳥で
    はないが、今後は声を聞きたいものです。

    返事をしてくれなかった女の手紙をかろうじて貰
    うことができた時に詠んだ歌です。あなたの筆跡
    を見ると、心が慰められます。今後は直接お逢い
    して、あなたの声が聞きたいものです。

 注・・跡見れば=「千鳥の足跡」と「筆の跡」を掛ける。
    心なぐさの=「心慰む」と「名草の浜」を掛ける。
    名草の浜=和歌山市の南海岸。

出典・・後撰和歌集・635.

このページのトップヘ