名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年03月


***************** 名歌鑑賞 *****************


飛びあがり 宙にためらふ 雀の子 羽たたきて見居り 
その揺るる枝を
                 北原白秋

(とびあがり ちゅうにためらう すずめのこ はたたきて
 みおり そのゆるるえだを)

意味・・春、巣立ったばかりの雀の子には、見るもの触れる
    ものが何でも珍しい。枝を勢いよく飛び上がると、
    はばたきながら宙にとどまって、自分が止まってい
    たその枝が揺れるのを不思議そうに見ている。

    好奇心の強い子雀の様子を、温かい目で見つめてい
    ます。

作者・・北原白秋=きたはらはくしゅう。1885~1942。詩
    人。

出典・・インターネット「中学受験学習用資料め短歌」。


**************** 名歌鑑賞 ***************


誰もみな 殿づくりして をさまれる 淀野のあやめ
刈りぞふかまし
                  後土御門天皇

(だれもみな とのずくりして おさまれる よどのの
 あやめ かりぞふかまし)

意味・・誰もが立派なお屋敷を造営して平穏無事な
    世になって、有名な淀野の菖蒲を刈って軒
    端に挿して飾れたらいいのに。

    民の生活の幸福を願うという、帝王の歌で
    す。即位後、すぐに応仁の乱となったので、
    このような平穏な光景ははかない望みにな
    った。

 注・・殿づくり=素晴らしい御殿を造営すること。
    淀野=山城国淀付近の野。景物は「菖蒲」。
    あやめ=菖蒲。端午の節句に菖蒲を葺(ふ)
     くことには、邪気を払い長寿を祈る願い
     が込められている。
    ふかまし=葺かまし。草木を軒端にさして
     飾りたいものだ。
    応仁の乱=1467年〜1477年に京都で起き
     た戦乱。室町幕府の足利義政の後継争い
     がきっかけで、各部族の対立になり、10
     年間の争いで京都は焼野原となった。

作者・・後土御門天皇=ごつちみかどてんのう。14
    42~1500。

出典・・笠間書院「室町和歌への招待」。


****************** 名歌鑑賞 *****************


物草の太郎の上や揚げ雲雀
                    夏目漱石

(ものぐさの たろうのうえや あげひばり)

意味・・物臭太郎の私は、原っぱに寝転がって青い空を
    見ている。すると雲雀が楽しそうに上空に舞い
    上がっていく。幸せを感じる一時である。

    せちがらさを忘れて、こんな幸せがあれば、そ
    れだけでいい。物臭太郎になりたいものだ。

 注・・物草の太郎=「物臭の太郎の」当て字。無精な
     性質の人、めんどうがる人。
    揚げ雲雀=春の高空に垂直に舞い上がり、朗ら
     かにさえずる。

作者・・夏目漱石=なつめそうせき。1867~1916。小
            説家。

出典・・大高翔著「漱石さんの俳句」。


**************** 名歌鑑賞 ***************


親は子を 育ててきたと 言うけれど 勝手に赤い 
畑のトマト
                  俵万智

(おやはこを そだててきたと ゆうけれど かってに
 あかい はたけのたトマト)

意味・・親としては愛情を精一杯注ぎ、期待をかけ、
    子育ての苦悶も乗り越えて育て上げてきた愛
    しい我が子であるが、そんな親の思いを越え
    て、子どもは子どもとしての思いを抱き、個
    性をもち、独立した人格をもつかけがえのな
    い自分として成長し、生きている。

 注・・勝手に赤い畑のトマト=畑のトマトは手取り
     足取り伸び方を教えなくても、自力で伸びて
    赤くなる。

作者・・俵万智=たわらまち。1962~ 。早稲田大
            学卒。佐々木幸綱と出会い作歌を始めた。

出典・・歌集「サラダ記念日」。


***************** 名歌鑑賞 ***************


国論の 統制されて 行くさまが 水際たてりと
語り合ふのみ
                近藤芳美

(こくろんの とうせいされて ゆくさまが みぎわ
 たてりと かたりあうのみ)

意味・・世論を統制して行く法律が、次々と公布され
    ている。民主主義が崖っぷちに立たされた思
    いであるが、どうする事も出来ず、こそこそ
    と話すだけである。

    昭和12年6月第一次近衛内閣が成立し、7月に
    は盧溝橋で日中両軍が衝突し、以後長い日中
    戦争が始まる。この当時に詠んだ歌です。

    今の私達がなかなか理解出来ない法律が次々
    と公布されている。年表によれば、国民精神
    総動員実施要綱、臨時資金調達法、輸出入品
    等臨時措置法、国家総動員法等々。
    軍国主義にまっしぐらに進んでいる時代を悲
    しんで詠んだ歌です。

 注・・国論=国家一般の議論。世論。

出典・・歌集「早春賦」(小高賢著「鑑賞現代短歌・
    近藤芳美」)。

このページのトップヘ