名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年04月


**************** 名歌鑑賞 ****************


今宵こそ 思ひ知らるれ 浅からぬ 君に契りの
ある身なりけり
                 西行

(こよいこそ おもいしらるれ あさからぬ きみに
 ちぎりの あるみなりけり)

意味・・自分という人間はなんという迂闊さだろう。一院の
    御葬儀の今宵になって初めて、自分が院と並み一通
    りでない御縁にあった事を、今更のように深く思い
    知り、思い知らされた事であった。

    長い詞書があります。
    一院が鳥羽離宮でお亡くおなりになって御葬儀に参
    列出来たが、大変悲しい事であった。一院が鳥羽離
    宮にお住まいになっていた頃、私は北面の武士とし
    てお供をしていたので、その時の事が思いだされて
    来る。今宵はご葬儀に参列出来た御縁の深さなどに
    思いを致し、昔の事、今の事が思いだされ、哀しみ
    に濡れて詠みました歌。

    恩師、友人、先輩、そうした人の訃報を聞くと「浅
    からぬ君に契りのある身なり」と改めて深い縁があ
    った事に思いがはせるものです。

 注・・一院=鳥羽法皇。1156年崩御。
    浅からぬ=「契りに」掛かる。
    契り=因縁、運命的なつながり。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。俗名佐藤義清。
    下北面の武士として鳥羽院に仕える。1140年23歳
    で財力がありながら出家。出家後京の東山・嵯峨の
    あたりを転々とした。陸奥の旅行も行い30歳頃高野
     山に庵を結び仏者として修行した。

出典・・山家集・782。


**************** 名歌鑑賞 ****************


立遅れ 立遅れ生きて ゆく事の これ迄のごとく
これからもまた
                清水房雄

(たちおくれ たちおくれいきて ゆくことの これまでの
 ごとく これからもまた)

意味・・これまでの生き様を振り返り、立遅れ立遅れ生きて
    来たけれど、これからもまた、このような生き方を
    是として生きてゆくことだろう。

    じっと立ち止まって納得するまで考えあぐねて踏み
    出す姿です。結果として歩みは遅れるが、生き方は
    変えられず、これからも同様であろうと思っている。
           要するに不器用な生き方です。

 注・・考えあぐねる=あれこれと考えても、いい知恵が出
     てこないこと。どうしたらいいか結論が出ないで
     困ってしまう。
    
作者・・清水房雄=しみずふさお。1915~2015。東大卒。
    土屋文明に師事。昭和女子大教授。

出典・・杉山喜代子著「短歌と人生」。


*************** 名歌鑑賞 **************


水の上に 数書くごとき わが命 妹に逢はむと 
祈誓ひつるかも
                                               柿本人麿

(みずのうえに かずかくごき わがいのち いもに
 あわんと うけいつるかも)

意味・・水の上に数を書くようなはかないわが命、
    そんな身でありながら、あの娘にきっと
    逢おうと、私は誓いをたてて神にお祈り
    をしている。

 注・・祈誓(うけ)ひ=神意を問うために誓約す
     る。

作者・・柿本人麿=かきのもとのひとまろ。生没
    年未詳。

出典・・万葉集・2433。


の葉は み山もさやに さやげども われは妹思ふ
別れ来ぬれば
                   柿本人麻呂

(ささのはは みやまもさやに さやげども われは
 いもおもう わかれきぬれば)

意味・・笹の葉はみ山全体にさやさやとそよいでいる
    けれも、私はただ一筋に妻を思う。別れて来
    てしまったので。

    現地妻を石見国に残して都に上がるときの旅
    の途中の歌です。
    笹のそよぐ音と山の清々しを示して山の神々
    しさを表し、現地妻を残して別れて来たこと
    の恐れ多いさを示しています。

 注・・石見=鳥取県の西部。

作者・・柿本人麻呂=生没年未詳。宮廷歌人。

出典・・万葉集・133。


**************** 名歌鑑賞 ***************


思ひかへす 道をしらばや 恋の山 は山茂山
わけいりし身に
                 建礼門院右京大夫

(おもいかえす みちをしらばや こいのやま はやま
 しげやま わけいりしみに)

意味・・思いなおして引き返す道をしりたいものです。
    恋の山の麓から悩み苦しみ草木の茂った奥深く
    へと迷い込んでしまった私にとって。

    どうしょうもない恋の悩みで思い煩っていた頃
    詠んだ歌です。

 注・・恋の山=積もる恋の思いを山にたとえた。また
     恋は迷いやすいので山路にたとえる。
    は山=端山。山の麓あたり。
    しげ山=茂山。草木の茂った山。奥山とも。

作者・・建礼門院右京大夫=1157頃~1227頃。高倉天皇
    の中宮平徳子(建礼門院)に仕えた。

出典・・建礼門院右京大夫集。

このページのトップヘ