名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年05月


**************** 名歌鑑賞 ***************


師の君の 目を病みませる 庵の庭へ うつしまいらす
白菊の花
                  与謝野晶子

(しのきみの めをやみませる いおのにわへ うつし
 まいらす しらぎくのはな)

意味・・師の君、私の先生は、お気の毒にも近頃目を
    患っていらして、視力が十分でなく遠出など
    もままならぬ身。そこで私は、その御目の慰
    みになることかと思って、我が家より先生の
    草庵のお庭に、みごとに咲いた白菊を根ごと
    移し植えてさしあげました。

 注・・師の君=藤間流の舞の師匠。
    ませる=いらっしゃる。「います」の
     尊敬語。
    まいらす=さしあげる、の謙遜語。

作者・・与謝野晶子=よさのあきこ。1878~1942。堺
            女学校卒。与謝野鉄幹と結婚。「明星」の花形
    となる。

出典・・歌集「みだれ髪」。


************** 名歌鑑賞 ****************


いつにても 我玉の緒を 断つすべを 知れる身をもて 
何のなげきぞ
                  柳原白蓮

(いつにても われたまのおを たつすべを しれる
 みをもて なんのなげきぞ)

意味・・私はいつでもわが生命を自ら断つすべを知って
    いるつもりなのに、なにを嘆くのであろうか。

    白蓮は三度結婚している。16歳の時北小路資武
    と結婚して暴力沙汰が絶えず21歳で離婚。28歳
    の時富豪伊藤伝衛門と結婚。父と子ほどの年齢
    差の上に教養のなさ、伯爵の父をもつ白蓮との
    身分の不釣り合い。その上妾を持つ夫。38歳で
    離婚。この間、何度か自殺を図ったという。そ
    の後、社会運動家と結婚した。
    人間的な真実の愛情に生きたいと、思い悩んで
    いた頃に詠んだ歌です。

 注・・玉の緒=命。

作者・・柳原白蓮=やなぎはらびゃくれん。1885~1967。
    東洋英和女学校卒。父は伯爵。三度結婚。佐々木
    信綱に師事。

出典・・歌集「幻の華」(東京堂出版「現代短歌鑑賞事典」)


*************** 名歌鑑賞 ****************


見渡せば 西も東も 霞むなり 君はかへらず
又春やこし
               九条武子

(みわたせば にしもひがしも かすむなり きみは
 かえらず またはるやこし)

意味・・家から一歩出て、外を見渡すと、ここ京の都は、
    西を見ても東を見ても、ボーと春霞に霞んでお
    り、柔らかく捉えどころもない。君は留学した
    まままだ帰らない。ああ、また一年が過ぎ、春
    がやって来たのであろうか。自分の内部にとら
    われて、一人寂しくこもり暮らしていた間に。

    夫である君は今、留学してロンドンにいる。
    作者も始め一年ほど同伴してロンドンにいたが、
    一人帰朝した。別れの際に三年過ぎたら必ず帰
    ると約束したにもかかわらず、音信のないまま
    むなしく三年は過ぎ去った。その頃詠んだ歌で
    す。

 注・・君=夫・公爵の九条良致(よしむね)。

作者・・九条武子=きゅうじょうたけこ。1887~1928。
    西本願寺の法主の次女。公爵の九条良致(よしむ
    ね)と結婚。京都女子大学を設立。佐々木信綱に
    師事。

出典・・新万葉集。


*************** 名歌鑑賞 ***************


恋しさは 海一ぱいに はてしなく 空一ぱいに
ひろがる朝かな 
                 近藤元

(こいしさは うみいっぱいに はてしなく そら
 いっぱいに ひろがるあしたかな)

意味・・恋しさは、のどかに広がる春の海一ぱいに
    果てしもなく、また、その海とわが頭上に
    広がる空一ぱいに果てしもなく、広がって
    ゆく、そんな楽しい朝である。

作者・・近藤元=伝未詳。

出典・・新万葉集・巻三(荻野恭茂著「新万葉愛歌
    鑑賞」)


**************** 名歌鑑賞 ***************


寝ても見ゆ ねでも見えけり おほかたは 空蝉の世ぞ
夢にありける
                    紀友則

(ねてもみゆ ねでもみえけり おおかたは うつせみの
 よぞ ゆめにはありける)

詞書・・藤原敏行が死んだ時その家族に詠んだ歌。

意味・・亡くなられたご主人のお姿が、寝ても夢に見え、
    寝ないでも幻に浮かんでまいります。考えて見
    ると、このはかない現世は夢なんでしょう。

 注・・寝ても見ゆ=死んだ敏行が夢に見える。
    ねでも見えけり=寝ないでも幻となって見える。
    おほかた=全般に、一般に。
    空蝉の世=はかない現世。
    藤原敏行=901年没。「秋来ぬと目にはさやか
     にみえねども風の音にぞおどろかれぬる」と
     詠んだ人。

作者・・紀友則=きのとものり。生没年未詳。「古今集」
    撰者の一人。

出典・・古今和歌集・833。

このページのトップヘ