名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年06月


*************** 名歌鑑賞 ***************


みな人の 花や蝶やと いそぐ日も わが心をば
君ぞ知りける 
                 中宮定子

(みなひとの はなやちょうやと いそぐひも わが
 こころをば きみぞしりける)

意味・・世間の人が皆、花や蝶やといそいそと美しい
    ものに浮かれる日も、あなただけは私の本当
    の気持ちを知ってくれているのですね。

    落ちぶれた自分を捨てて、皆が、今をときめ
    く人のもとに走り寄る日も、清少納言よ、そ
    なただけは、私の心の底を、誰よりも知りぬ
    いているのですね、と詠んでいます。

    時代の背景。
    平安時代(794~1192)は藤原氏が摂政関白と
    して政権をにぎった時代である。彼等は始め
    他の氏族を政界から追放して一門の繁栄をは
    かったが、それが達成されると、次いで一門
    の中で露骨な政権争奪が行われた。彼等が政
    権獲得のために取った手段は、外戚政策、す
    なわち自分の娘を妃に立てて皇室と親戚関係
    を結ぶことにあった。この政権争奪の最後の
    勝利者は藤原道長である。兄の藤原道隆の勢
    力をくじいて政権をにぎったのである。そし
    てこれに伴い、道隆の娘定子は、一条天皇の
    妃としての幸福な生活から、たちまち悲運の
    皇后としての暗く寂しい境遇におちいった。
    この頃、定子の女房である清少納言のなぐさ
    めの歌に返歌として詠んだ歌です。

作者・・中宮定子=ちゅうぐうていし。975~1000。
    25歳。一条天皇の后。清少納言は定子の女房
    (女官のこと)。

出典・・枕草子・225段。


**************** 名歌鑑賞 ***************


南瓜の 花むらがりて 咲く道に いきぐるしさや
ひとに逢ひつる
                楠田敏郎

(かぼちゃの はなむらがりて さくみちに いき
 ぐるしさや ひとにあいつる)

意味・・南瓜の花が群がって咲く畑の中、人気のない
    細い小径の途中に来た時、ああ、どきどきと
    胸が高鳴って来て息苦しくなってきた。偶然
    にも、向こうから近づいて来るあの人に出会
      ってしまって。

 注・・ひと=ひそかに私が心を魅かれている人。初
     恋の女性。

作者・・楠田敏郎=くすだとしろう。1890~1951。
    京都農林卒。前田夕暮に師事。明治~昭和期
    の歌人

出典・・荻野泰茂著「新万葉愛歌鑑賞」。


*************** 名歌鑑賞 ***************


忘れ草 我が紐に付く 香具山の 古りにし里を
忘れむがため
                大伴旅人

(わすれぐさ わがひもにつく かぐやまの ふりにし
 さとを わすれんがため)

意味・・その花を身につければ、悲しみ、憂いを全て
    忘れるという忘れ草。それを、私は着物の紐
    につけよう。私は、若き日を過ごした天の香
    具山麓の故郷を忘れ得ず、苦しみ続けている
    のだから。

    この歌を詠んだのは旅人の六十代に入ってか
    ら。役職は大宰帥(だざいのそち)。九州全体
    を収める役所の長官である。旅人はこの大宰
    府で、最愛の妻を失っている。故郷を思う事
    は、この妻と過ごした若き日を思う事でもあ
    ったろう。

 注・・忘れ草=萓草(かんぞう)。夏から秋にかけて
     黄赤色の花をつけるユリ科の多年草。憂い
     を忘れさせる草と信じられていた。
    香具山=奈良県桜井市にある山。

作者・・大伴旅人=おおとものたびと。665~731。
    720年大宰帥として下向、同年妻を失う。
    730年従二位大納言。

出典・・万葉集・334。


*************** 名歌鑑賞 ***************


あめつちに 二人がくしき 才もちて あへるを何か
恋をいとはむ
                  与謝野寛

(あめつちに ふたりがくしき さいもちて あえるを
 なにか こいをいとわん)

意味・・この広大な天地間に、われわれ二人は奇(く)し
    き才に恵まれている者同士である。その二人が
    ここにめぐり逢い結ばれて恋をする。この恋は
    どのような障害があろうと、どうして厭(いと)
    おうか。

 注・・くしき=奇しき。不思議た、珍しい、神秘的だ、
     人の智慧でははかり知れない。

作者・・与謝野寛=よさのひろし。1873~1935。
    号は鉄幹。妻の与謝野晶子とともに浪漫主
    義文学運動の中心になる。「明星」を発刊。

出典・・東京堂出版「現代短歌鑑賞事典」。


**************** 名歌鑑賞 ***************


人間五十年 下天の内を 比ぶれば 夢幻の
如くなり
                 織田信長

(にんげんごじゅうねん げてんのうちを くらぶれば
 ゆめまぼろしの ごとくなり)

意味・・人間の命はわずか五十年しかない。下天に
    比べれば、それは夢幻のように一瞬のはか
    ないものである。

    下天は人間世界の一つ上の天道で、一日が
    人間世界の80年とされる。

    どうせ人生は五十年しかないのだから、死ぬ
    気になって思い切ってやっていこう、と言う
    ことです。

作者・・織田信長=おだのぶなが。1534~1582。本能
    寺で明智光秀に殺される。信長が好んで「敦
    盛」のこの歌を口癖にしていたので、信長と
    結びつけられている。

出典・・幸若舞「敦盛」。

このページのトップヘ