名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年07月


*************** 名歌鑑賞 ****************


うらさぶる 心さねまし ひさかたの 天のしぐれの
流れ合う見れば                    
                                          長田王

(うらさぶる こころさねまし ひさかたの あめの
 しぐれの ながれあうみれば)

詞書・・和銅五年夏四月長田王を伊勢神官に派遣され
    た時、山辺の御井で作った歌。

意味・・寂しい思いが胸一杯にひろがる。大空のあち
    こちからしぐれがはらはらと降り続けるのを
    見ていると。

    結婚出来ない神官を寂しい思いで見つめてい
    ます。
    しぐれは晩秋から初冬のもので、夏四月の景
    ではない。旅愁を表すのに、この歌の寂しさ
    を利用したもの。旅先では土地の物を褒める
    歌と旅愁を述べる歌がよく詠まれた。

 注・・うらさぶる=心が晴れない、心さびしく思う。
    さねまし=さ・あまねし。「さ」は接頭語。
     すみずみまで行き渡っている。
    ひさかたの=天・雨・月などに掛かる枕詞。
    しぐれ=秋から冬に降ったり止んだりする
     小雨。 
    流れ合う=雨が降るの意。
    和銅五年=712年。
    神官=斎宮(いつきのみや)。神官には未婚の
     皇女が天皇の御代ごとに選ばれ神に奉仕し
     た。この間は結婚できない。ここでは神官
     のいる場所のこと。結婚出来ない神官を寂
     しい思いで見ている。
    山辺の御井=三重県の鈴鹿市山辺町付近。

作者・・長田王=ながたのおおきみ。?~737。近江
    守・正四位下。風流を解する人として知られ
    る。

出典・・万葉集・82。


************** 名歌鑑賞 **************


わがなしし 新墾の大田 もとほりて 土に礼する
母にしあるかも
                  吉植庄亮

(わがなしし あらきのおおた もとほりて つちに
 いやする ははにしあるかも)

意味・・私のたずさわった、新しく開墾した大きな
    田圃(たんぼ)のあたりを歩きめぐりながら、
    美しく開かれた土に、深々と母は頭をさげ
    ていることだ。

    病気の母が一命を取りとめて、息子にいた
    わられながら開墾された田圃を見て歩いて
    いる状況です。
    昭和10年、印旛沼の開墾を成し遂げた時、
    母に喜んで貰った時の喜びの歌です。

 注・・新墾(あらき)の大田=新たに開墾された田。
    もとほり=徘徊。めぐる、ぶらぶら歩く。

作者・・吉植庄亮=よしうえしょうりょう。1884~
    1958。東大卒。大正15年郷里千葉県印旛
    沼の開墾事業に着手。
 
出典・・東京堂出版「現代短歌鑑賞事典」。


*************** 名歌鑑賞 **************


とどめおきて 誰をあはれと 思ふらん 子はまさるらん
子はまさりけり

                   和泉式部 

(とどめおきて たれをあわれと おもうらん こは
 まさるらん こはまさりけり)

詞書・・小式部内侍が亡くなって、孫がいるのを見て
    詠みました歌。

意味・・子と母をこの世に残しておいて、死んだ小式
    部はどちらを不憫(ふびん)に思っているだろ
    うか。子の方がまさるであろう。そう、自分
    も親よりも子への愛情が深かったのだよ。

 注・・小式部内侍=こしきぶのないし。?~1025。
     和泉守橘道貞と和泉式部の娘。「百人一首」
     に撰入されるほどの歌才があった。
    とどめおきて=母である自分と、子をこの世
     に残しおいて。
    あはれ=気の毒、不憫(ふびん)。

作者・・和泉式部=生没年未詳。

出典・・後拾遺和歌集・568。

参考です。
小式部内侍の百人一首の歌です。

「大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず
 天の橋立」

大江山を越え、生野を通って行く丹後への道のりは
遠いので、まだ天の橋立の地を踏んだこともなく、
また、母からの手紙も見ていません。


*************** 名歌鑑賞 ***************


越えわびる 逢坂よりも 音に聞く 勿来をかたき
関と知らなむ
                 道綱母
 
(こえわびる おうさかよりも おとにきく なこそを
 かたき せきとしらなん)

意味・・あなたが越えにくいと嘆いている逢坂の関は、
    まだ名前だけでも逢うという言葉を持っていま
    すが、私の方は名前からして勿来といって来て
    くれるなというなかなか人を寄せ付けない、堅
    固な難関だと知ってください。

    藤原兼家(道長の父)の求婚歌の返歌です。結婚
    を断った歌になっているが、返歌を返す事は当
    時、結婚を承諾する事と同じであった。
    兼家の求婚歌です。
   「逢坂の関やなにより近けれど 越えわびぬれば
    嘆きてぞふる」 (意味は下記参照)

 注・・わびる=気落ちする、途方にくれる。・・しか
     ねる。
    逢坂=滋賀県大津市逢坂。昔ここに関があった。
     「逢う」を掛ける。
    音に聞く=うわさに聞く。「逢う」という事を
     聞いている。
    勿来の関=福島県勿来町にあった関。「な来そ
     」を掛ける。
    かたき=難き。「固き」を掛ける。
    
作者・・道綱母=みちつなのはは。936~995。藤原道長
     の父である兼家と結婚。「蜻蛉日記」の作者。

出典・・蜻蛉日記。

兼家の求婚歌です。

逢坂の 関やなにより 近けれど 越えわびぬれば
嘆きてぞふる
                藤原兼家
 
意味・・人に逢うという名を持った逢坂の関は、一体
    何なのでしょう。すぐ目と鼻の近さにありな
    がら、まだ越え兼ねる、すなわちあなたに逢
    う事が出来ないので、嘆き暮らしています。

 注・・なにより=何より。どういうため。「より」
     は原因・理由を表す。・・のために。
    ふる=経る。月日がたつ。過ごす。

作者・・藤原兼家=ふじわらのかねいえ。929~990。
     従一位・摂政関白となり、子の道長、孫の
     頼通と続く藤原全盛時代を築く。

出典・・蜻蛉日記。


*************** 名歌鑑賞 ***************


歌よみて 罪せられきと 光ある 今の世を見よ
後の千とせに
                山川登美子

(うたよみて つみせられきと ひかりある いまの
 よをみよ のちのちとせに)

意味・・歌を詠んで罰せられた事実があったと、今の
    輝かしい世のことを、千年後の人々は思って
    欲しいことだ。

    登美子は明治37年に日本女子大学に入学した。
    その時に歌集「恋衣」を出版したが学校は喜ば
    ず、停学処分にした。この歌は、学校の古めか
    しい考え方や自由拘束への抗議で詠まれた歌で
    す。「光ある今の世」は、まだ暗い今の世の中
    を皮肉った言葉です。

 注・・光ある今の世=光のない暗い世の中、という
     ことを皮肉った文言。

作者・・山川登美子=やまかわとみこ。1879~1909。
    30歳。大阪梅花女学校卒。日本女子大学に入
    学するが肺結核を患い中退。晶子と共に鉄幹
    との恋愛関係にあった。

出典・・歌集「恋衣」。


*************** 名歌鑑賞 ****************


ほど経れば 同じ都の 内だにも おぼつかなさは
問はまほしきを
                西行

(ほどふれば おなじみやこの うちだにも おぼつかな
さは とわまおしきを)

意味・・長く逢わないで時が経つと、同じ都にいてさえ、
    気になって安否を問いたくなるものなのに、遠く
    都を離れたらなおさら気掛かりになるだろう。

    旅に出る前に詠んだ歌です。都を離れて遠く旅立
    つ折りの心情を込めています。

 注・・ほど=時間、距離。
    おぼつかなさ=心配だ、不安だ、気掛かりなこと。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。

出典・・山家集・1091。


************** 名歌鑑賞 ****************


聞かずとも ここを瀬にせん 時鳥 山田の原の
杉のむら立ち           
                                        西行

(きかずとも ここをせにせん ほととぎす やまだの
 はらの すぎのむらだち)

意味・・たとえ聞けなくても、ここをほととぎすを待つ
    場所としよう。山田の原の杉の群立つここを。

    山田の原は伊勢神宮に近い森。この森厳な伊勢
    神宮の森で時鳥の鳴き声を厳粛な気持ちになっ
    て聞きたいと詠んでいます。

 注・・瀬にせん=逢う場所にしょう。
    山田の原=三重県伊勢市伊勢神宮の外宮の辺り。
    むら立ち=群立ち。群がって立っている所。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。鳥羽院北面
    武士。23歳で出家。

出典・・新古今和歌集・217。


**************** 名歌鑑賞 ****************


いざここに わが世は経なむ 菅原や 伏見の里の
荒れまくも惜し
                      * 詠み人知らず 

(いざここに わがよはへなん すがわらや ふしみの
 さとの あれまくもおし)

意味・・さあここで、私の生涯を暮らす事にしょう。私が
    去って、この菅原の伏見の里の荒れてしまうのが
    惜しいので。

    私が住みにくいからと言って、他に移ってしまっ
    たならば、ここがよりいっそう荒れてしまうであ
    ろうから、私はここに定住しょうというのである。
    社会情勢で寂れようとした頃の歌です。
    現在で言えば、産業の空洞化により地域が荒廃し
    たので、芸術文化の創造によって地域の再生を計
    ろう、という感じです。

 注・・わが世=私の生涯。
    菅原や伏見の里=奈良市菅原の一帯の地。「や」
     は・・の、・・にある、の意。菅原にある伏見
     の里。
    荒れまくも惜し=荒れるであろう事が惜しまれる。
     「まく」は推量の助動詞。

出典・・古今集・981。


************** 名歌鑑賞 ****************


昔見し 妹が垣根は 荒れにけり つばなまじりの
菫のみして
                藤原公実

(むかしみし いもがかきねは あれにけり つばな
 まじりの すみれのみして)

意味・・なつかしさのあまり、昔の恋人の家を訪ねて
    みると、その家の垣根はひどく荒れていた。
    彼女はもうどこかに引っ越して行ったらしい。
    そして、その垣根のそばに残っていたのは、
    茅花の白い花にまじって咲く菫の花だけであ
    った。

    徒然草の26段に出て来る歌です。26段の内容
    です。
    風に吹かれるまでもなく変り移ろうのが人の
    心であるから、慣れ親しんでいた当時を思い
    出して見ると、身に沁みた一言一句も忘れは
    しないものの、自分の生活にかかわりのない
    人のようになってしまう恋の一般性を考える
    と、死別にもまさる悲しみである。それゆえ、
    白い糸が染められるのを見て悲しみ、道の小
    路が分かれるのを嘆く人もあったのではあろ
    う。「堀河院百首」の中で藤原公実が歌って
    いるのに、

    昔見し 妹が垣根は 荒れにけり つばな
    まじりの 菫のみして

    哀れを誘う風情は、実感から出たものであろ
    う。桜の花より移ろいやすい人の心。親しく
            した年月を思えば、心が疎遠になって行くの
            は死別より悲しいことだ。

 注・・つばな=茅花。茅萱のこと。稲科チガヤ属。
     初夏白い毛を密生した花を咲かせる。薄に
     似ている。若い花穂を茅花(つばな)という。
    白い糸が染められるのを見て悲しみ=淮南子
     に出て来る墨子の言葉。木綿にしても絹に
     しても始めは白い糸のかたまり。これを用途に
     よって色染めして別々の種別に分けて行く、
     これを別れの実感として感じたもの。
    道の小路が分かれるのを嘆く=淮南子に出て
     来る楊子の言葉。道のちまたの別れのこと。

作者・・藤原公実=ふじわらのきんざね。1053~1107。
    正二位大納言。

出典・・堀河院百首・徒然草26段。


**************** 名歌鑑賞 ***************


城ヶ島の さみどりの上に ふる雨の 今朝ふる雨の
しみらなるかな
                  北原白秋

(じょうがしまの さみどりのうえに ふるあめの けさ
 ふるあめの しみらなるかな)

意味・・緑に包まれて眼の前に見えている城ヶ島に、繁く
    ひまなく今朝は雨が降っている。

    北原白秋は、しんみりとした、雨の風情を味わっ
    てこの心情を「城ヶ島の雨」の詩を書いています。

    城ヶ島の雨
           作詞:北原白秋、作曲:梁田 
                                https://youtu.be/cyWTy-Y081s

     雨はふるふる 城ヶ島の磯に
     利休鼠の 雨がふる
     雨は真珠か 夜明けの霧か
     それともわたしの 忍び泣き

     舟はゆくゆく 通り矢のはなを
     濡れて帆上げた ぬしの舟
     ええ 舟は櫓(ろ)でやる
     櫓は唄でやる
     唄は船頭さんの 心意気

     雨はふるふる 日はうす曇る
     舟はゆくゆく 帆がかすむ

 注・・しみら=繁ら。繁る、多い、盛んなさま。
    利休鼠=緑色を帯びたねずみ色。抹茶色。
    通り矢=城ヶ島・向ヶ崎のすぐ先にある潮の流
     れの速い部分。今は埋め立てられて、地名と
     して残っているだけ。

作者・・北原白秋=きたはらはくしゅう。1885~1942。
     詩人。詩集「邪宗門」。

出典・・永田義直著「短歌鑑賞入門」。

このページのトップヘ