名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年08月


**************** 名歌鑑賞 ****************


ふそくをば となふる家は おそろしく なかなかもって
寄りつけぬなり 

(ふそくをば となうるいえは おそろしく なかなか
 もって よりつけぬなり)

意味・・福の神としては、不足ばかり言っている家には、
    いくら福を運んでいったところで、入ったとた
    に、「何だそんな程度の福しか持って来ていな
    いのか」と文句を言われそうで、恐ろしくて近
    寄れない。だから、いつまでも福の神は入って
    いかないのだ。

    福の神の立場で詠んだ歌です。

 注・・なかなか=中途半端だ。かえってそうしない方
     がましだ。なまじっか。
    もって=原因・理由を表す。・・のせいで。

出典・・山本健治著「三十一文字に学ぶビジネスと人生
    の極意」。


*************** 名歌鑑賞 ****************


ことば否 声のたゆたひ 惑ひいる 君がこころを
われは味はふ
                 河野裕子

(ことばいな こえのたゆたい まどいいる きみが
 こころを われはあじわう)

意味・・あなたの言葉、いいえあなたの声が揺れて
    います。その揺らぎの中に、迷っているあ
    なたの心を感じて、私はじっと味わってい
    ます。

    話しかけるともなく、独り言のように何か
    を言っている夫の言葉。仕事や会社関係な
    どのため、妻に関係がなく話しに乗っても
    らえない。それでぶつぶつ独り言のように
    言っている。夫はどんなことで悩んでいる
    のだろうか。

 注・・たゆたひ=揺れ動く、ためらう、心がさだ
     まらない。

作者・・河野裕子=かわのゆうこ。1946~2010。
    京都女子大学文学部卒。宮柊二に師事。

出典・・歌集「はやりを」(栗本京子著「短歌を楽し
    む」)


*************** 名歌鑑賞 ***************


更えなずむ 寝汗の衣に この真夜を 恋へば遥けし
ははそはの母は
                  明石海人

(かえなずむ ねあせのきぬに このまよを こえば
 はるけし ははそはのははは)

意味・・寝汗で濡れた衣類を着替えようにも思うように
    ならない深夜、母がいたらなあと、恋ても遠い
    ふるさとの母よ。

    癩病を患い、視力が完全に失われる頃に詠んだ
    歌です。この頃になると三十九度の熱が出る事
    も珍しくなかった。そうした時は寝汗に悩まさ
    れた。腋の下からにじみ出る汗が、背中から首
    筋のあたりまで広がり、どうにも我慢出来なく
    なる。それで、着替えをと思うのだが、視力は
    失われつつある上に、神経をおかされた指先の
    感覚も乏しく、思うようにままならない。唇に
    触れ、舌で探って、シャツのそでを探しあぐね
    ているうちに熱のある体は、じきに疲れてくる。
    しかも寒い。泣きたいほどのみじめさ。
    こんな姿をふるさとの母が見たらど思うだろう
    か。そんな事を思って、つい、くり返し、くり
    返し、声を呑みつつ母の名を呼ぶのであった。
    
 注・・なずむ=泥む。はかばかしく進まない。
    ははそはの=母にかかる枕詞。

作者・・明石海人=1901~1939。ハンセン病を患い岡
    山県の愛生園で療養。手指の欠損、失明、喉に
    吸気管を付けた状態で歌集「白描」を出版。

出典・・歌集「白描」。


*************** 名歌鑑賞 ****************


をみなにて 又も来む世ぞ 生まれまし 花もなつかし
月もなつかし 
                   山川登美子

(おみなにて またもこんよぞ うまれまし はなも
 なつかし つきもなつかし)

意味・・また来ん世には、再び女として生まれて来た
    い。今日まで生き長らえて来た思い出の中に
    は、花もなつかしいし、月もなつかしい。や
    はり来世も女に生まれて来よう。

    27才の時、肺結核で長い療養中に詠んだ歌で
    す。花鳥風月を詠んでいたあの頃の元気な頃
    が思いだされて懐かしい。
   「又来む世ぞ」と詠んでいる心の底には死を思
    っていたのだろう。なんとも言えない悲哀さ
    と、あきらめ切れない苦痛さが籠められてい
    る

 注・・花もなつかし月もなつかし=花鳥風月を詠ん 
     でいた頃の、元気であった時代の思い出で
     す。

作者・・山川登美子=やまかわとみこ。1879~1909。
    29歳。日本女子大学病気中退。与謝野鉄幹創
    刊の歌誌「明星」の初期を晶子と共に飾る。

出典・・明治39年1月号「明星」(永田義直著「短歌鑑
    賞入門」)


*************** 名歌鑑賞 ***************


死近き 母の心に 遠つ世の 釈迦の御足跡の
石をしぞ擦れ
              吉野秀雄

(しにちかき ははのこころに とおつよの しゃかの
 みあとの いしをしぞさすれ)

意味・・もう死期の近い母を悲しく思いながら、遠い
    世のお釈迦様の足跡を刻んだといわれる仏足
    石を、静かにさすり母の平穏を祈っている。

    「釈迦の御足跡の石」は奈良の薬師寺にある
    仏足石である。釈迦の足跡を石に刻み信仰の
    対象にしたもので753年に建立されている。
    そこには仏足石歌碑があり、仏徳を詠んだ歌
    21首が刻まれている。
    その内の一首です。
    「大御足跡(おおみあと)を見に来る人の去(い)
    にし方千代の罪さへ滅ぶぞと言う除くと聞く」
    (この仏足石を見に来た人の所には、千代の昔
    からの罪さえ除かれると聞いている。なんと有
    難いことでしょう) 

    母が安らかに眠ることを願った歌です。

作者・・吉野秀雄=よしのひでお。1902~1967。慶応
    義塾大病気中退。会津八一に師事。
出典・・岩田正著「短歌のたのしさ」。

このページのトップヘ