名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年11月


*************** 名歌鑑賞 ****************


むかしたれ かかる狂歌の たねをまきて よしのの花も
らりになしけん
                    四方赤良

(むかしたれ かかるきょうかの たねをまきて よしのの
 はなも らりになしけん)

意味・・いったい昔、誰が狂歌の種などを蒔いてこんなに
    狂歌をはやらせ、吉野の花をもその題材にして、
    乱暴な詠みぶりで、目茶目茶にしてしまったのか。

    本歌、参考です。

   「昔たれ かかる桜の たねをうえて よしのを春    
    の 山となしけむ」          (意味は下記参照)

 注・・らり=乱離骨灰(らりこつばい)の略。目茶目茶に
     なること。

作者・・四方赤良=よものあから。1749~1823。支配勘
    定となった幕臣。江戸時代の狂歌師。

出典・・狂歌集「後万載」(小学館「日本古典文学・狂歌」)

本歌です。
 
昔たれ かかる桜の 花を植えて 吉野を春の
山となしけん
                藤原良経
 
(むかしたれ かかるさくらの はなをうえて よしのを
 はるの やまとなしけん)

意味・・桜といえば吉野というように、吉野は桜で有名な
    山になっているが、昔々この桜を植えて有名にし
    たのは一体誰なのだろうか。

作者・・藤原良経=ふじわらのよしつね。1169~1206。従
    一位太政大臣。新古今集の仮名序作者。

出典・・新勅撰和歌集・58。


*************** 名歌鑑賞 ***************


不吉なる ものの如くに 鈴懸の 葉はひるがへる
この曇日に 
                長沢一作

(ふきつなる もののごとくに すずかけの はは
 ひるがえる このくもりびに)

意味・・うっとうしい曇り日の午後湿ったような風が
    吹いている。街路樹の鈴懸の葉は風に騒ぎ立
    ち、ひるがえり葉裏の白い波が広がっている。
    見て居るとなんだか不吉なものに見えて来る。

    不吉なもの、すなわち何らかのの悪い兆候を
    感じ取った作者です。緊張感をもって、身の
    回りを眺め何か落ち度がないかと点検してい
    る作者が感じられます。

    古事記に出て来る歌、参考です。

    狭井河よ 雲立ち渡り 畝傍山 木の葉さやぎぬ
    風吹かむとす    (意味は下記参照)

 注・・鈴懸=プラタナス。高木落葉樹。街路樹や公園
     によく植えられる。葉は紅葉の形をしている。

作者・・長沢一作=なかさわいっさく。1926~2003。
    慶応義塾商業卒。佐藤佐太郎に師事。

出典・・長沢一作著「自解100歌選・長沢一作集」。
参考歌です。

狭井河よ 雲立ち渡り 畝傍山 木の葉さやぎぬ
風吹かむとす         
               伊須気余理比売
 
(さいがわよ くもたちわたり うねびやま このは
 さやぎぬ かぜふかんとす)

意味・・狭井河の方から雨雲が立ち広がり、畝傍山では
    木の葉がざわめいている。今にも嵐が吹いて来
    ようとしている。

    危険が押し寄せているので警戒してあたる事を
     促(うなが)した歌です。
    神武天皇の死後、皇位継承争いが起こり、継子
    (ままこ)が后の皇子を殺そうと計ったので、叙
    景に託して危急を知らせた歌です。

 注・・狭井河=奈良県桜井市を流れる川。


**************** 名歌鑑賞 ***************


朝まだき 嵐の山の 寒ければ 紅葉の錦
着ぬ人ぞなき
               藤原公任

(あさまだき あらしのやまの さむければ もみじの
 にしき きぬひとぞなき)

意味・・朝がまだ早く嵐山のあたりは寒いので、山から
    吹き降ろす風のために紅葉が散りかかり、錦の
    衣を着ない人はいない。

    紅葉の名所の嵐山の晩秋の景観を詠んでいます。

 注・・嵐の山=京都市右京区にある嵐山。嵐に山風を
     掛ける。

作者・・藤原公任=ふじわらのきんとう。966~1041。
    権大納言・従五位。漢詩文・和歌・管弦の三才
    を兼ねる。清少納言や紫式部らと親交。和漢朗
    詠集の編者。

出典・・拾遺和歌集・210


*************** 名歌鑑賞 ****************


世の中の うきをも知らで すむ月の かげはわが身の
心地こそすれ            
                  西行

(よのなかの うきをもしらで すむつきの かげは
 わがみの ここちこそすれ)

意味・・世間の辛い姿も知らずに空に澄みわたっている
    月は、我が身がそうありたいと思っている境地
    と同じような気持ちがする。
    
    理想とする像を澄み渡る月に求めた歌です。    
    西行の気持・理想像を考えて見ました。

    森鴎外の小説「高瀬舟」の一節です。

    「人は病があると、この病が無かったらと思う。
    その日その日が食えないと、食って行けたらと思う。
    万一の時に備える蓄えがないと少しでも蓄えがあった
    らと思う。
    蓄えがあっても、その蓄えがもっと多かったらと思う。
    斯くの如くに先から先に考えて見れば、人はどこまで
    行っても踏み留まる事が出来るものやら分からない」

    西行は、求めても求めても得られない苦しみ、この
          苦しみから逃れる事が出来たらと、思ったのだろうか。

 注・・うき=憂き、つらいこと。
 
作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。
 
出典・・歌集「山家集・401」。
 


*************** 名歌鑑賞 ****************


咳をしても一人    
                尾崎放栽
(せきをしても ひとり)

意味・・この庵に吹きつける冬の北風は想像以上に
    寒く、病気で衰弱した身体にはことさらに
    こたえる。今も激しい咳の発作に襲われて
    苦しんだが、咳をしてもここには看病して
    くれる人もいない。改めて全く一人である
    ことを痛感させられたことだ。
 
    孤独と言う事を、言うべき事のみ言った短
    律句で、死ぬ数ヶ月前に詠まれています。
    咳をした後の余韻がいつまでも残ります。

作者・・尾崎放栽=おざきほうさい。1885~1926。
    東大法学部卒。喉頭結核で死去。

出典・・句集「大空」(尾形仂篇「俳句の解釈と鑑賞
    辞典)

このページのトップヘ