名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2018年12月


*************** 名歌鑑賞 ****************


ながめこし 花より雪の ひととせも けふにはつ瀬の
いりあひの鐘
                  頓阿法師
              
(ながめこし はなよりゆきの ひととせも きょうに
 はつせの いりあいのかね)

意味・・春の花から冬の雪まで、ずっと眺めてきた
    この一年も、今日で終わったと初瀬の入相
    の鐘が響いている。

 注・・初瀬=奈良県桜井市初瀬。長谷寺がある。
    いりあひ=入相。夕暮れ。

作者・・頓阿法師=とんあほうし。1289~1372。
    俗名は二階堂貞宗。和歌の四天王。

出典・・頓阿法師詠(岩波書店「中世和歌集・室町篇」)
 


*************** 名歌鑑賞 ****************


いたづらに なす事もなく くれはつる としもつもりの
うらめしの世や
                   寒河正親

(いたずらに なすこともなく くれはつる としも
 つもりの うらめしのよや)

意味・・今年はこれだけの事をした、という充実感もなく、
    無駄に月日を送ってはや年も暮れようとしている。
    悔やまれることである。子や孫よ、こんな事では
    いけないのだぞ。

 注・・としもつもり=年も積り。月日が積み重ねる。

作者・・寒河正親=さむかわまさちか。生没年未詳。江戸
    時代の初期の教訓的作者。

出典・・教訓書「子孫鑑(しそんかがみ)」。



************* 名歌鑑賞 **************


欠航と 決まりし埠頭 霙打つ 
                 
(けっこうと きまりしふとう みぞれふる)

意味・・フェリー乗り場に行くと欠航!
    この激しい霙では仕方がないか。
    さて、これからどうしょうか。
 
出典・・インターネット。


*************** 名歌鑑賞 ****************


ますらをは 友の騒ぎに 慰もる 心もあらむ
我ぞ苦しき           
                詠み人知らず

(ますらおは とものさわぎに なぐさもる こころも
 あらん われぞくるしき)

意味・・殿方は、友達とのつきあいに興じて憂さを
    晴らすこともありましょう。けれど、女の
    私はそれも出来なくて苦しくてなりません。
 
    男性には仕事があり、またそれに伴っての
    付き合いもあって、妻とだけの生活の度合
    が少ない。女性は家事が主体なので生きる
    対象は夫である。夫のいない時の寂しさを
    詠んでいます。

 注・・ますらを=勇ましい男子。立派な人。
    騒ぎ=騒ぐこと、遊興。
    慰もる=慰める。
 
出典・・万葉集・2571。


*************** 名歌鑑賞 ****************


思ふぞよ 故郷遠き 旅寝して 霰降る野に
あられける身を
               後水尾院
            
(おもうぞよ ふるさととおき たびねして あられふる
 のに あられけるみを)

意味・・思うことだよ、故郷を遠く離れて旅寝をして、
    霰の降る野にもいる事の出来る我が身を。

    過酷な旅にも耐えられる自分を再発見した気持
    です。

作者・・後水尾院=ごみずのおいん。1596~1680。10
    8代天皇。
 
出典・・御着至百首(小学館「近世和歌集」)

このページのトップヘ