名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2019年02月


*************** 名歌鑑賞 ****************


あはれとも いふべき人は 思ほえで 身のいたづらに
なりぬべきかな      
                  藤原伊尹

(あわれとも いうべきひとは おもおえで みの
 いたづらに なりぬべきかな)

意味・・私のことをかわいそうだと言ってくれそうな人は
    誰も思い浮かんでこない。そんな孤独な私はこの
    まま死んでしまいそうです。

    失恋の痛手に身も心も弱り果て、自分が死んだと
    しても、かわいそうだと悲しんでくれる人は誰も
    いない。憐憫(れんびん)の情だけでもかけてほし
    いと思うけれども、それもかなわず、自分は独り
    恋こがれてむなしく死んでしまうのだろう、と悲
    嘆した歌です。

 注・・おもほえで=「思ほえ」は思われる、思い浮かぶ。
    「で」は打ち消しの助詞、思い浮かばないで。
    身のいたづらに=「いたづら」はむだだの意、身
     をむだにすること、すなわち死ぬことをいう。

作者・・藤原伊尹=ふじわらのこれまさ。924~972。
    後撰和歌集の撰者の一人。
    
出典・・拾遺和歌集・950、百人一首・45。


*************** 名歌鑑賞 ****************


鶯の 谷よりいづる 声なくば 春来ることを
誰か知らまし       
               大江千里

(うぐいすの たによりいずる こえなくば はるくる
 ことを たれかしらまし)

意味・・長い冬から開放され、谷間を出て梢にさえずる
    鶯の声を聞かないで、誰が春の来たことを知る
    ことが出来ようか。

作者・・大江千里=おおえのちさと。9世紀後半から10
    世紀前半に活躍し歌人。在原業平の甥。

出典・・古今和歌集・14。



*************** 名歌鑑賞 ****************

梅散るや難波の夜の道具市
                  建部巣兆

(うめちるや なにわのよるの どうぐいち)

意味・・かって栄えた人々が生活に窮して手放した
    由緒ある家具・小道具などが、夜の灯を浴
    びて売られている。美しい道具類が、灯火
    にあってますます古めかしくも上品なもの
    に見える。梅の花がはらはらと、売る人、
    買う人、売られる道具の上に散りかかり、
   「商業」というものが、ふと美しく、悲しく
    寂しいものに思われてくる。
 
    華やかな大阪商業都市の道具市の風景です。
    梅の花の散る象徴は、伝統ある家柄の人達
    の没落かも知れない。
       
 注・・難波=大阪。古い歴史の町でり、活況を呈
     する商業都市でもある。
    道具市=古道具をせり売りする市。夜間営
        業が多い。
     梅散るや=仁徳天皇を梅の花によそえて王
             仁 (わに)が詠んだ歌「難波津に咲くやこ
    の花冬ごもり今は春べと咲くやこの花」
    (古今集・仮名序)は、難波に都を置いた
    といわれる仁徳天皇の賛歌である。「今は
    春べと咲いた」梅も、巣兆の句では「散っ
    て」しまう。それは伝統ある家柄の人達の
    没落を象徴しているのかも知れない。
    (難波に梅の花が咲いています。今こそ春
    が来たと梅の花が咲いています)
    冬ごもり=春の枕詞。
作者・・建部巣兆=たけべそうちょう。1761~18
     14。本名山本英親。加舎白雄(かやしらお)
     門。蕪村風の絵も描く。

出典・・句集「曾波河里・そばかり」(尾形仂篇「俳
    句の解釈と鑑賞辞典」)


*************** 名歌鑑賞 ****************


世の中は 夢か現か 現とも 夢とも知らず 
ありてなければ               
              詠み人知らず 

(よのなかは ゆめかうつつか うつつとも ゆめとも
 しらず ありてなければ)

意味・・この世の中は、いったい夢であろうか、それと
    も現実であろうか。世の中は現実であるか、夢
    であるか私には分らない。どうせあれどもなき
    が如くなのだから。

    過去の苦しい思いは悪夢というように、過去の
    事はもう現在は実在しない、存在していたが今
    は夢という事もできる。
    
 注・・ありてなければ=現実に存在しながら、はかな
     く消え去るのでいっている。常住不変ではな
     いこと。諸行無常。

出典・・古今和歌集・942。


*************** 名歌鑑賞 ****************


梅が香に 昔をとへば 春の月 こたへぬ影ぞ 
袖に映れる
               藤原家隆

(うめがかに むかしをとえば はるのつき こたえぬかげぞ
 そでにうつれる)

意味・・梅の香りに誘われて懐かしさのあまり昔のことを
    春の月に尋ねると、答えない月の光が涙に濡れた
    私の袖の上に映った。
 
    伊勢物語四段が背景となっています。
    愛情が深くなっていた女性がいたが、突然身を隠
    した(知らせずに結婚した)。翌年探し訪ねてみる
    と、落ちぶれた姿になっていた。還らぬ昔を思う
    と懐旧の涙が出た。

 注・・梅が香に=梅の花盛りの頃を思い出して、以前付
     き合っていた女性が恋しくなったので、の意。
    影=月の光。
    袖=懐旧の涙で濡れた袖。

作者・・藤原家隆=ふじわらのいえたか。1158~1237。
    非参議従二位。「新古今集」撰者の一人。

出典・・新古今和歌集・45。 

このページのトップヘ