名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2019年04月


*************** 名歌鑑賞 ****************


青海の ありとは知らねで 苗代の 水の底にも
蛙鳴くなり
                       長尾為景

(あおうみの ありとはしらねで なわしろの みずの
 そこにも かわずなくなり)

意味・・青い広々とした海があるということも知らずに、
    狭い苗代の水の底でも蛙は満足して鳴いている。
    
    関ヶ原合戦の顛末を記した「関ヶ原軍記大成」を
    著わした時に、巻尾にこの歌を記したものです。

   「井の中の蛙大海を知らず」を踏まえた歌で、私が
    書いた本は「見識が狭い本です」と、謙遜して付
    けたタイトルとなっています。

作者・・長尾為景=なかおためかげ。1489頃~1543頃。
    上杉謙信の父。

出典・・「関ヶ原軍記大成」(綿抜豊昭著「戦国武将の歌」)


*************** 名歌鑑賞 ****************


風ふけば 波のあやをる 池水に 糸ひきそふる 
岸の青柳
                      源雅兼  
        
(かぜふけば なみのあやおる いけみずに いとひき
 そうる きしのあおやぎ)

意味・・風が吹くと、綾織物のように波立っている池の
    水に、糸を引き加えるように吹き寄せられてい
    る岸辺の青柳だなあ。

    池の水が波紋を描いている美しい景色に加えて、
    清々しい若葉の柳が揺れているさまを詠んでい
    ます。

 注・・あや=波の紋様、綾織物に見立てる。

作者・・源雅兼=みなもとのまさかね。1079~1143。
    権中納言。

出典・・金葉和歌集・25。


*************** 名歌鑑賞 ****************


わりなしや 人こそ人と 言わざらめ みづから身をや
思ひ捨つべき
                        紫式部

(わりなしや ひとこそひとと いわざらめ みずから
 みをや おもいすつべき)

意味・・辛(つら)いことだ、皆で私を仲間はずれにして
    うてあってくれないのは。

    宮仕えをしていて、同僚の女房から「生意気だ、
    澄ましている」と陰口をされて詠んだ歌です。

    味方になってくれる人は「何を言われても素知
    らぬ顔で受け流しなさい、いじめて喜んでいる
    人は一部の人にすぎないから」と言ってくれる
    が・・。

 注・・わりなし=つらい。無理もない、やむをえない。
    人こそ人と言はざらめ=人を人と認めない、仲
     間と認めない。「ざら」は打ち消しの「ず」
     の未然形。「め」は卑下する語。
    みづから=その人自身、当人。
    身=自分、我が身。
    思ひ捨つ=見捨てる、顧みない。
    女房(にょうぼう)=宮中で部屋を持っている高
     位の女官。
    うてあわない=相手にしない。九州博多方面の
     方言。

作者・・紫式部=生没年未詳。973頃の生まれ。「源氏
    物語」の作者。

出典・・ライザー・ダルビー著「紫式部物語」。

この歌の解釈の仕方、参考です。

「わりなしや 人こそ人と 言わざらめ」
直訳すると、
仕方がない事だ、人は自分の事を普通の人と言わないだろうが。

仕方のない事だ、どうせ私は普通の人の扱いをしてもらえないから、

つらいことだ、私は仲間外れにされて。

「みづから身をや思ひ捨つべき」
直訳すると、
みずから我が身を見捨てる事が出来ようかいや出来ない。

私は自分を見捨てる事は出来ない。自分なりに生きて生きたい。

人に相手にされなくても生きて行こう。

つらい事だ、人に相手にされないことは。
以上のように、直訳して翻訳という経路を取りました。



*************** 名歌鑑賞 ****************


わたの原 波にも月は 隠れけり 都の山を
何いとひけん         
                      西行

(わたのはら なみにもつきは かくれけり みやこの
 やまを なにいといけん)

意味・・海路の旅では山のように高くない波にも、
    月は隠れてしまった。それなのにどうして
    都の山を月を隠すといっていやになったの
    だろう。

    西行が厭世気分になり出家直後の気持ちを
    詠んだ歌です。青い鳥(幸せ)は身近な所に
    いるという事を詠んでいます。

 注・・わたの原=大海、海原。
    波にも=遮る山もない海上の波にも。
    いとふ=嫌う、世を避ける。
    厭世(えんせい)=希望をなくし生きるのが
     嫌になること。

作者・・西行=1118~1190。鳥羽院の北面武士で
    あったが、23歳で出家。新古今集に一番
    多く入首。
 
出典・・山家集・1102。


*************** 名歌鑑賞 ****************


道のべの 朽木の柳 春来れば あはれ昔と
しのばれぞする    
                     菅原道真

(みちのべの くちきのやなぎ はるくれば あはれ
 むかしと しのばれぞする)

意味・・道のほとりの朽ち木の柳は、春が来ると、
    ああ、昔はさぞ美しく茂ったことであろう
    と思われることだ。
    作者自身の境遇を顧みて詠んでいます。

 注・・朽木の柳=ほとんど枯れかかった柳の木。
     左遷されて世に埋もれている自分の姿を
     見ている。
    あはれ昔としのばれぞする=ああ、昔はさ
     ぞ美しく茂った事であろう。世に時めい
     ていた頃の自分の追懐をこめている。

作者・・菅原道真=すかわらのみちざね。845~903。
    従二位右大臣。大宰権帥(そち)に左遷された。

出典・・新古今和歌集・1449。

このページのトップヘ