名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2019年05月


*************** 名歌鑑賞 ****************


今ははや 恋ひ死なましを あひ見むと 頼めしことぞ
命なりける
                   清原深養父
            
(いまははや こいしなましを あいみんと たのめし
 ことぞ いのちなりける)

意味・・今頃はもうとっくに、ほんとうなら、恋焦がれて
    死んでいたであろうに。「そのうちに逢いましょ
    う」と、私を頼みに思わせた言葉が、今まで私を
    生き長らえさせてくれたのだ。

 注・・今ははや=今は直ちに。
    恋ひ死なましを=恋こがれて死んでいたであろう
     に。
    あひ見む=逢いましょう、相手の言った頼め言。
    頼めし=期待させる。

作者・・清原深養父=きよはらのふかやぶ。930年頃活躍
    した人。清少納言の曾祖父。

出典・・古今和歌集・613。


*************** 名歌鑑賞 ****************


須磨寺や ふかぬ笛きく 木下やみ   
                      芭蕉

(すまでらや ふかぬふえきく こしたやみ)

意味・・この須磨寺の、青葉小暗い木立の中にただずむと、
    昔のことが偲(しの)ばれる。そしてあの平敦盛(
    あつもり)の吹く青葉の笛の音がどこからか聞こ
    えてくるように思われることだ。

    青葉の笛は明治の唱歌になっています。
    https://www.youtube.com/watch?v=q8zBc9cJOok

    一の谷の 戦敗れ
    討たれし平家の 公達(きんだち)あわれ
    暁寒き 須磨の嵐に
    聞こえしはこれか 青葉の笛

 注・・須磨寺=神戸市須磨寺町にある福祥寺の通称。
     寺には平敦盛が夜毎に吹いたという青葉の笛
     が保存されている。
    平敦盛=笛の名手として鳥羽院より青葉の笛を
     賜った。17才で平家の一門として一の谷の闘
     に加わった。源氏側の奇襲で劣勢になり船に
     逃れようとした時、熊谷直実に討たれた。

作者・・芭蕉=ばしょう。1644~1699。

出典・・笈の小文。


*************** 名歌鑑賞 ****************


思ひ出よ みちははるかに なりぬとも 心のうちは
山もへだてじ
                   源道済
             
(おもいいでよ みちははるかに なりぬとも こころの
 うちは やまもへだてじ)

意味・・私のことを思いだしてください。道は遠くなって
    二人の間は隔たったとしても、心の中はどんな山
    だって隔てないでしょう。私もひたすらあなたの
    ことを思っています。

    親しい人と分かれて遠くに行く時に詠んだ歌です。
    遠くに離れて行ってもあの人(尊敬する人)が自分
    の事を思っていてくれると思うと元気になります。

作者・・源道済=みなもとのみちなり。~1019。筑前守・
    正五位下。

出典・・後拾遺和歌集・484。


*************** 名歌鑑賞 ****************


心だに いかなる身にか かなふらむ 思ひ知れども
思ひ知られず      
                                          紫式部 

(こころだに いかなるみにか かなうらん おもい
 しれども おもいしられず)

意味・・私の気持ちの中で、どんな身の上になった
    らいいのだろう。どんな境遇にいても思い
    通りにならないとは知っているけれど諦め
    きれない。
    
    自分で満足のいく身の上というようなもの
    など、ありはしない。それは承知している
    けれど、諦めきれるものではない。

    他人が羨望するような良い所に就職出来た
    ものの、その中での人間関係が上手く行か
    ない。自分の思い通りになれるものではな
    いと、分かっていても不条理を何とかなら
    ぬかと諦めきれない、というような気持ち
    を詠んでいます。
    
 注・・心だに=(嘆く)心の中でも。気持ちの中で。
    いかなる身にか=どんな境遇の身であって
     も。
    かなふ=適ふ、思いどおりになる。
    思ひ知れども=道理などをわきまえる、悟
     る。どんな境遇になったとしも思い通り
     にならないと知っているけれど。
    思ひ知られず=理解できない、悟れない、
     諦めきれない。

作者・・紫式部=973頃~1019頃。藤原為時の娘。
    「源氏物語」「紫式部日記」の作者。

出典・・ライザ・ダルビー著「紫式部物語」。 


*************** 名歌鑑賞 ****************


春をだに 知らで過ぎぬる 我が宿に 匂ひまされる
花を見るかな            
                  風葉和歌集

(はるをだに しらですぎぬる わがやどに におい
 まされる はなをみるかな)

意味・・春の訪れさえ知らないで過ぎて来た私の家に
    まことに美しく咲く花を見ることです。

    浪人の息子が有名大学に合格した時の嬉しさ
    のような気持ちを詠んでいます。

 注・・風葉和歌集・・1271年に、源氏物語・うつほ
     物語・狭衣物語・・など200余りの物語に出
     てくる和歌を集めた歌集。

出典・・風葉和歌集。

このページのトップヘ