名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2019年07月


陸奥の 真野の萱原 遠けども 面影にして 
見ゆといふものを
               笠女郎
(みちのくの まののかやはら とおけども おもかげ
 にして みゆというものを)

意味・・奥州の真野の萱原はほんとうに遠い所だと話に
    聞いていますが、そんなに遠い萱原でも目の前
    にその姿が浮かぶということです。
    まして近くにおいでになるあなたを恋しく思わ
    ないわけにはゆきません。

    笠女郎が大伴家持に贈った歌で、近くにいる
    家持になぜ逢えないのかと諷した歌です。

 注・・陸奥=東北地方の総称。
    真野の萱原=歌枕。福島県相馬郡鹿島町真野川
     の流域。

作者・・笠女郎=かさのいらつめ。生没年未詳。大伴家
    持と交渉のあった女性。
 
出典・・万葉集・396。  


足なへの 病いゆてふ 伊予の湯に 飛びても行かな
鷺にあらませば        
                 正岡子規 
(あしなえの やまいいゆちよう いよのゆに とびても
 ゆかな さぎにあらませば)

意味・・足が萎(な)えて歩けない病気が治ると昔から
    いい伝えられている故郷の道後温泉に飛んで
    行きたいものだなあ、もしも自分が鷺だった
    なら。

 注・・足なへ=足萎へ。足が萎えて歩行が自由にな
     らない事。
    いゆてふ=癒ゆてふ。「癒ゆ」は治ること。
     「てふ」は「といふ」のつまった形。
    伊予の湯=愛媛県松山市の道後温泉。
    鷺にあらませば=鷺であったならば。太古、
     足にけがをしている鷺が、湧き出している
     湯に足をひたして傷を治したのが道後温泉
     の起源という伝説がある。

作者・・正岡子規=まさおかしき。1867~1902。35
    歳。22歳で肺を病み喀血してから子規の雅
    号を用いる。23歳頃より全く歩けなくなった。

出典・・学灯社「現代短歌評釈」。


古の 人に我れあれや ささなみの 古き都を
見ればかなしも    
                 高市黒人
(いにしえの ひとにわれあれや ささなみの ふるき
 みやこを みればななしも)

詞書・・近江の旧き都を感傷して作る歌。

意味・・私は昔の人であろうか。そうではないはず
    なのに、ささなみの大津の宮の廃墟を見る
    と、この都の栄えた頃の人であるかのよう
    に悲しいことだ。

    国土の荒廃を悲しんで詠んだ歌です。
    当今の普通の人ならば旧都の址(あと)を見
    てもこんなに悲しまぬであろうが、こんな
    に悲しいのは、古の人だからであろうかと、
    疑うが如くに感傷したものです。
           
 注・・近江の旧き都=天智天皇の近江の大津の宮
     の廃墟。壬申(じんしん)の乱(672)で戦火
     で焼かれ廃墟になった。
    ささなみ=琵琶湖中南部沿岸の古名。

作者・・高市黒人=生没不詳。柿本人麻呂と同時代 
    (700年頃)の人。

出典・・万葉集・32。


下下も下下 下下の下国の 涼しさよ
                        一茶
(げげもげげ げげのげこくの すずしさよ)

前書・・奥信濃に湯浴みして。

意味・・今こうして自分は下々の下国にいるが、一人湯浴
    みをしていると、下国ながらも、何の煩わしさも
    なく、涼しく全く気持ちよいものだ。
 
 注・・下下=きわめて程度の低いこと、最下等、下の下。
    下国=つまらない国、故郷をさしていったもの。
     土地が痩せ、耕地も狭く、ろくな産物もでない
     国。

作者・・小林一茶=1763~1827。北信濃(長野県)の農民
    の子。3歳で生母に死別。継母と不和のため15歳
    で江戸に出て奉公生活に辛酸をなめた。
 
出典・・七番日記。


身をしれば 人の咎とも おもはぬに うらみがほにも 
ぬるる袖かな           
                  西行

(みをしれば ひとのとがとも おもわぬに うらみ
 がおにも ぬるるそでかな)

意味・・身の程を知っているので、あの人のつれなさ
    を悪いとは思わないのに、いかにも恨めしそ
    うな様子で涙に濡れる私の袖だ。

    取るに足りない身なので、冷淡な仕打ちを受け
    けるのも仕方がないと思いつつ、恨まずにいら
    れない悔しい気持を詠んでいます。
    
 注・・咎(とが)=欠点、罪。
 
作者・・西行=さいぎょう。1118~1190。後鳥羽院の
    北面武士であったが、23歳で出家した。
 
出典・・新古今和歌集・1231。


たのまれぬ 憂き世の中を 嘆きつつ 日陰におふる
身をいかにせん    
                  在原業平

(たのまれぬ うきよのなかを なげきつつ ひかげに
 おうる みをいかにせん)

意味・・何の期待も出来ないつらい立場を嘆きながら、
    日陰に生える草のようなあわれな我が身をど
    うしたらよいのでしょうか。

      辛い世の中の一例です。
    人に認められない事は辛い事です。自分より
    下の者が自分より早く昇進した場合など。
    この歌の場合、昇進のためよろしくお願いし
    ますの気持ちがあります。

 注・・たのまれぬ=あてに出来ない、期待出来ない。
    世の中=自分の置かれている状況。
    日陰ににおふる=日の当たらぬ状態で栄達
    しない自分を日陰の草に譬える。
    身をいかにせん=我が身をいかがいたしま
    しょう。よろしくお願いしますの意を含
     む。

作者・・在原業平=ありわらのなりはら。825~880。
    阿保親王の五男。右近権中将・従四位上。
    「伊勢物語」の作者。

 出典・・後撰和歌集 ・1125。
 


たのしみは 朝おきいでて 昨日まで 無かりし花の
咲ける見る時         
                  橘曙覧

(たのしみは あさおきいでて きのうまで なかりし
 はなの さけるみるとき)

意味・・私の楽しみは、朝起きて何気なく庭に目を
    やると、昨日まで無かった花があざやかに
    咲いた時です。その感動は大きいものです。

    アメリカの元クリントン大統領はこの歌を
    来日の演説に取り入れています。
    日々新しい難題が生まれて来る世の中であ
    るが、日一日新たな日と共に確実に新しい
    花が咲き物事が進歩して、人々の友情を育
     (はぐく)む関係改善の兆しを見つけた時が
    私の喜びです、と。

     私の楽しみは、苦難が生じる日々の中で、
    難題を乗り越えて花を咲かす時が楽しみです。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~ 1868。
    早く父母と死に別れ、家業の紙商を異母弟
    に譲り隠棲した。福井藩主と親交を持つ。

出典・・岩波文庫「橘曙覧全歌集」。



あかつきの あらしにたぐふ 鐘の音を 心の底に 
こたえてぞ聞く            
                   円位法師

(あかつきの あらしにたぐう かねのねを こころの
  そこに こたえてぞきく)

意味・・暁の山風に響いて来る、寺で打つ夜明けの鐘を
    聞くたびに、心の底から励ましの言葉として受け
    取って聞いている。

     梵鐘を聞いてしみじみとした気持ちになって来る。
    心身に辛い思いがある私ではあるが、そんな事に
    負けるなよと励ましの言葉として聞こえてくる。

 注・・あらし=嵐、山風。
    たぐふ=類う、並んで行く、連れ立つ。
    こたえて=答えて、痛みなどを感じる、心にしみる。

 作者・・円位法師=えんいほうし。1118~1190。西行法師。
     鳥羽院北面武士。23歳で出家。

出典・・千載和歌集・1149。 


年ごとに せくとはすれど 大井川 むかしの名こそ
なほながれけれ      
                 源道済

(としごとに せくとはすれど おおいがわ むかしのなこそ
 なおながれけれ)

意味・・大井川は(田の用水として)毎年水を堰止めてい
    るけれども、昔の名高い評判だけは、せき止め
    られることもなく、今でもやはり流れ伝わって
    いることだ。

    川を堰止めるので大堰川(おおいがわ)とも呼ば
    れ、紅葉の葉がおびただしく流れるので有名。
              また川下りの遊覧も名所であった。

    藤原資宗(すけむね)は大井川で遊んだ折り「紅
    葉水に浮かぶ」の題で次の歌を詠んでいます。

    筏士よ 待て言問はむ 水上は いかばかり吹
    く 山の嵐ぞ     (意味は下記参照)  
    
 注・・せくとはすれど=(大井川は田の用水として井
     堰をつくって)堰き止めているけれど。
    大井川=大堰川とも言う、京都嵐山の近くを流
     れる川。上流を保津川、下流を桂川と呼ばれ
     る。

作者・・源道済=みなもとみちなり。~1019。筑前守。
    中古三十六歌仙の一人。

出典・・後拾遺和歌集・1060。

参考歌です。
筏士よ 待て言問はむ 水上は いかばかり吹く
山の嵐ぞ
               藤原資宗

(いかだしよ まてこととわん みなかみは いかばかり
 ふく やまのあらしぞ)

意味・・筏で川を下っている人よ、ものを尋ねたい。
    この川の上流ではいったいどのくらい激しく
    山の嵐が吹いているのかを。

    殿上人(てんじょうびと)たちとともに、
    大堰川(おおいがわ)に遊んだ折、「紅葉
    水に浮かぶ」の題で詠んだ歌です。

    この歌の面白さの一つは、「紅葉」の語を
    使わずに筏師に紅葉を散らす山の嵐の状態
    を問うことで、川に浮かぶ紅葉の情景を
    喚起する点にあります。

 注・・筏士=筏をあやつることを職業としている
     人。筏は木や竹を並べつないで、流れに
     浮かべるもの。

作者・・藤原資宗=ふじわらのすけむね。生没年未詳。
     正四位下・右馬頭となったが1087年出家。
  
出典・・新古今和歌集・554。




憂き身とは なに嘆くらん かずならで ふるこそやすき
この世なりけり 
                   頓阿法師
              
(うきみとは なになげくらん かずならで ふるこそ
 やすき このよなりけり)

意味・・なんで憂い辛い身だと嘆くのか。取るに足りない
    身で過ごす方が、この世は気楽に送れるものなの
    に。
    憂き身を慰めた歌です。
    実力以上の事を得ようと望めば、それなりの憂い
    を感じる。欲を、実力がない身分だと思って控え
    目にすれば、辛さも半減し気楽な人生が送れると
    言っている。
    
 注・・憂き身=悲しい身の上、辛い事の多い身。
    かずならで=数える価値がない、取るに足りない。
    ふる=経る。月日を送る、過ごす。

作者・・頓阿法師=とんあほうし。1289~1372。俗名は
    二階堂貞宗。和歌四天王と称された。

出典・・頓阿法師詠(岩波書店「中世和歌集・室町篇」)


このページのトップヘ