名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2019年08月


夏と秋と 行きかふ空の かよひぢは かたへ涼しき
風や吹くらむ
                  凡河内躬恒
            
(なつとあきと ゆきかうそらの かよいじは かたえ
 すずしき かぜやふくらん)

意味・・去る夏と、来る秋とがすれ違う空の通路では、
    片側は来る秋で涼しい風が吹いていることだ
    ろう。

    陰暦六月の末に詠んだ歌です。現在の8月8日
    の立秋の前日になります。

 注・・行きかふ=行くと来るのがすれ違う。
    かよひぢ=空の通路。
    かたへ=片方。片側。

作者・・凡河内躬恒=おおしこうちのみつね。生没年
    未詳。三十六歌仙の一人。平安時代前期の歌人。
 
出典・・古今和歌集・168。
  


 ちち君よ 今朝はいかにと 手をつきて 問ふ子を見れば
死なざりけり       
                   落合直文

(ちちきみよ けさはいかにと ておつきて とうこを
 みれば しなざりけり)

意味・・「お父様、けさはご機嫌いかがですか」と畳の
    上にかしこまり、手をついて、朝の挨拶をする
    わが子を見ると、かりそめの病に臥している我
    が身ながら、これくらいのことでは死なれない、
    もっともっと長生きせねばこの子たちがかわい
    そうだという気持ちがひしひし起こってくる事
    だ。

 注・・いかにと=「おはしますか」等の句を省略。

作者・・落合直文=おちあいなおふみ。1861~1903。
    明治21年「老女白菊の花」を発表して国文学の
    普及に尽くす。

出典・・学灯社「現代短歌評釈」。


 筑紫にも 紫生ふる 野辺はあれど なき名悲しぶ
人ぞ聞えぬ      
                 菅原道真
(つくしにも むらさきおうる のべはあれど なきな
 かなしぶ ひとぞきこえぬ)

意味・・筑紫にも紫草の生えている野辺はあるけれど、
    その紫草の縁から、私の無実の罪をきせられて
    いる名を悲しんでくれる人が耳に入らないこと
    だ。
    
    一本の紫草から、武蔵野の草の全てに心が引か
    れると詠んだ本歌を背景にしています。

    本歌は、
    「紫のひともとゆえに武蔵野の草はみながら
    あはれとぞ見る」      (意味は下記参照)

     都から遠く離れた大宰府に左遷され、誰にも相
    手にされない菅原道真の心中は どんなにか辛く
    寂しく、悔しかったことでしょう!

    人から足をすくわれる。
    自分が可愛がっていた部下にそむかれ、上司に
    裏切られる。あんな人とは思わなかったのに・・
    と、こういうことは人生には付物です。悔しい
    思いになります。そんな時にどう対処しらよい
    のだろうか、と問題提起の歌と捉える事が出来
    ます。

 注・・筑紫=筑前・筑後(いづれも福岡県)の総称。
    紫=紫草。根から紫の染料を採った。本歌では
     「紫」が注目されたが、紫に縁がある作者の
     いる「筑紫」は注目されない、の意。
    なき名=身に覚えの無い評判、無実の罪をきせ
     られている名。無実の汚名。

作者・・菅原道真=すがわらのみちざね。903没。59歳。
    正一位太政大臣。謀略により太宰権師に左遷さ
    れた。漢学者。

出典・・新古今和歌集・1697。

本歌です。
紫の ひともとゆえに 武蔵野の 草はみながら 
あはれとぞ見る         
                詠人知らず
(むらさきの ひともとゆえに むさしのの くさは
  みながら あわれとぞみる)

意味・・ただ一本の紫草があるために、広い武蔵野
    じゅうに生えているすべての草が懐かしい
    ものに見えてくる。

    愛する一人の人がいるのでその関係者すべ
    てに親しみを感じると解釈されています。

 注・・紫=紫草。むらさき科の多年草で高さ30
     センチほど。根が紫色で染料や皮膚薬に
     していた。
    みながら=全部。
    あはれ=懐かしい、いとしい。

出典・・古今和歌集・867。 


まがねふく 吉備の中山 帯にせる 細谷川の 
音のさやけさ                
                 詠み人知らず
            
(まがねふく きびのなかやま おびにせる ほそ
 たにがわの おとのさやかさ)

意味・・吉備の中山の麓を帯のように流れている細い
    谷川の音のなんと清々しいことか。

 注・・まがねふく=鉄を溶かして分けること。吉備国は
     鉄を産したので、ここでは吉備の枕詞。
    吉備=備前、備中、備後、美作の四国。岡山県と
      広島県の一部。
    中山=備前と備中の境の山。
 
出典・・ 古今和歌集・1082 。 


 来めやとは 思ふものから 蜩の 鳴く夕暮れは
立ちまたれつつ
                詠み人知らず
             
(こめやとは おもうものから ひぐらしの なく
 ゆうぐれは たちまたれつつ)

意味・・来てくださるだろうか、いや期待はしないほうが
    いい。そう思いながらも、蜩の鳴き出す夕暮れに
    なると、じっと座っていられなくなる、私は。

    和泉式部の参考歌です。

   「なぐさむる 君もありとは 思へども なほ夕暮れは
    ものぞかなしき」

    私には、あなたという誇らしい恋人があります。
    この世に、あなたのやさしさを超えるなぐさめが
    あろうとは思いません。それなのに、夕暮れとも
    なると、どうにもならない悲しみにうつむいてし
    しまうのです。いったいどこから湧いてくる悲し
    みなのでしょうか。

    当時は通い婚であったので、夫は妻の家に行って
    いた。

 注・・来めや=来るだろうか、いや来ないだろう。「め
     や」は反語。

出典・・古今和歌集・772。

このページのトップヘ