名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2019年11月


 田子の浦ゆ うち出でて 見れば真白にぞ 富士の高嶺に
雪は降りける                
                    山部赤人
             
(たごのうらゆ うちいでて みればましろにぞ ふじの
 たかねに ゆきはふりける)

意味・・田子の浦を通って眺望のきく所へ出て見ると、
    真っ白に富士の高い峰に雪が降り積っている
    ことだ。

    作者の位置を明らかにしつつ、富士の景観を
    嘆美したものです。簡潔でよく形も整い、声
    調も張り満ちた歌になっています。

    「新古今集・675、百人一首・4」では、
    「田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の
    高嶺に 雪は降りつつ」と収められています。

 注・・田子の浦=駿河国(するが・静岡県)の海岸。
    白妙(しろたえ)=こうぞの木の繊維で織った布
     のように真っ白い状態をいう。富士の枕詞。
 
作者・・山部赤人=やまべのあかひと。生没年未詳。
    奈良時代の初期から中期の宮廷歌人。
 
出典・・万葉集・318。


 忘るるやと 物語りして 心遣り 過ぐせど過ぎず
なほ恋にけり
                詠み人知らず

(わするるやと ものがたりして こころやり すぐせど
 すぎず なおこいにけり)

意味・・忘れることもあろうかと、人と世間話などをして
    気を紛らわせて、物思いを消してしまおとしたが、
    一層恋心は募(つの)るばかりである。

    自分一人でじっとしているよりも、人と話してい
    るうちに気が紛れて来ることもあるから、世間話
    をしてやり過ごそうと思ったが、そうやって見て
    も、やはりあの人が恋しい。

    何か別の事に打ち込んでいる間に忘れてしまうと
    いう恋は本当の恋ではないのかも知れない。

 注・・忘るるやと=(恋の苦しみを)忘れる事が出来るか
     なあと。
    物語り=世間話をすること。
    心遣(や)り=心をそちらの方に向ける。

出典・・万葉集・2333。
 


 鏡にぞ 心は似たる しかはあれど 鏡は影を
とどめやはする
                   小沢蘆庵
        
(かがみにぞ こころはにたる しかはあれど かがみは
 かげを とどめやはする)

意味・・人の心は鏡に似るとよく譬えられる。人の顔は人
    の心をよく映すからだが、鏡は影を留めるだろう
    か。人がその前から去ればその影を留めないので
    ある。

    しかし人は違う。悲しみは悲しみを留め、特に恨
    みや憎しみは長く長く心に持ち続けるのである。
    鏡のようにありたいものだ。

作者・・小沢蘆庵=おざわろあん。1723~1801。漢学に
    優れ、管茶山・頼山陽らと交流。


 勢田の橋 その人とほく 去りて後 すてし扇を
見ほしがるかな 
                  橘曙覧

(せたのはし そのひととおく さりてのち すてし
 おうぎを みほしがるかな)

意味・・売れ残った扇は勢田の橋で捨てていたという池
    大雅が亡くなった後、その人の絵の価値を知っ
    た世の中の人は残念がって欲しがることだ。

   「池大雅」の題で詠んでいます。池大雅は南画の
    大家で、逸事奇聞が多く、売れ残った扇の画は
    瀬田の橋で捨てたという語り伝えが有ります。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。紙商
    の家業を異母弟に譲り隠棲。福井藩主から厚遇
    された。

出典・・岩波文庫「橘曙覧全歌集」。


 さかゆけど 民のかまどや 思らし 平野の杉の
もとのちかひは
                 招月正徹

(さかゆけど たみのかまどや おもうらし ひらのの
 すぎの もとのちかいは)

意味・・平野神社の神は、神杉の誓詞のように、御代
    が栄えていても、庶民の生活の豊ならん事を
    思っていらっしゃるようだ。

    庶民生活の安定こそ神の本来の願いでありた
    い、ということを詠んだ歌です。

 注・・さかゆく=栄行く、ますます栄える。主語は
     為政者。
    民のかまど=庶民の生活。
    平野の杉=京都にある平野神社。この社の神
     杉は治世安民のしるしとされた。
    御代(みよ)=天皇の治世。

作者・・招月正徹=しょうげつせいてつ。1381~1459。
    室町中期の歌僧。

出典・・岩波書店「中世和歌集・室町篇」

このページのトップヘ