名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2019年12月


 たらちめは かかれとてしも むばたまの わが黒髪を
なでずやありけむ
                    遍照 

(たらちめは かかれとてしも むばたまの わが
 くろかみを なでずやありけん)

意味・・私の母はよもやこのように出家剃髪せよと
    言って、私の黒髪を撫でいつくしんだので
    はなかったろうに。

    詞書により、出家直後に詠んだ歌です。
    出家直後の悔恨に近い複雑な心情が、母親
    へのいとおしさとともに詠まれています。

 注・・たらちめ=母の枕詞。母。
    かかれ=斯かれ。このような。
    出家=家庭生活をも捨てて仏門に入る事。
     仏門では5戒とも250戒とも言われる戒
     を修行して解脱への道を求める。

作者・・遍照=へんじょう。814~890。僧正。3
    6歳の時に出家。

出典・・後撰和歌集・1240。

書かざりし日のあざやかに日記果つ
                    田口紅子

(かかざりし ひのあざやかに にっきはてつ)

意味・・日記が一冊終わりました。振り返ってページを
    繰っていると、白紙の日が幾日かあります。書
    けない事があったわけではありません。書かな
    かったのです。日記に残さなくても決して忘れ
    ることのない一日です。
 
      書かなかった事の一例。
    今日の出来事は一生忘れられない。日記に書か
    なくても忘れたくても忘れられない。
    生まれて一ヶ月の乳児の検診に行って診て貰う
    と、医者からむごい事を言われた。「赤ちゃん
    の耳は聞こえてないですね」。「本当ですか、
    間違いじやないですか」「いや、本当に聞こえ
    ていません」「治りますか」「治らないでしょ
    う」。
    どうしたらいいのだろう。一晩中泣き明かして
    も気が治まらない。

作者・・田口紅子=たぐちべにこ。1948~ 。鷹羽狩
    行に師事。1981年毎日歌壇嘗受賞。

出典・・メールマガジン・黛じゅん『愛の歳時記』


いまぞ知る 人をも身をも 恨めしは 我がをろかなる
心なりけり 
                  藤原良基

(いまぞしる ひとをもみをも うらめしは わが
 おろかなる こころなりけり)

意味・・今となって初めて理解できたよ。他人をそして
    自分を恨んだりしたのは、私の愚かな心のなせ
    ることだったと。

    利己的利害にとらわれて、種々の軋轢(あつれき)
    を生じていた頃を述壊しての作と思われます。

作者・・藤原良基=ふしわらのよしもと。1320~1388。
    南朝と北朝の対立が激しい時代の北朝の摂関職に
    あった。

出典・・岩波書店「中世和歌集・室町篇」。
 


 淡海の海 夕浪千鳥 汝が鳴けば 情もしのに
古思ほゆ
                柿本人麻呂

(おうみのみ ゆうなみちどり ながなけば こころも
 しのに いにしえおもほゆ)

意味・・近江の湖の夕べの波の上を飛ぶ千鳥よ、お前が
     鳴くと、心もしおれて昔のことが(繁栄していた
     頃の都が)思われることだ。

    壬申の乱後、荒れた近江の都を過ぎる時に詠んだ
    歌です。

 注 ・・淡海の海=近江の海、すなわち琵琶湖のこと。
    情(こころ)もしのに=心もしおれなびくように。
    古思ほゆ=昔のことが思われる。「古」は、今は
     廃墟と化したこの地に、壮麗な大津の宮があっ
     た時代をさしている。

作者・・柿本人麻呂=かきのもとのひとまろ。生没年未詳。

出典・・万葉集・266。


 楽しみは 書よみ倦める をりしもあれ 声知る人の 
門たたく時 
                   橘曙覧

(たのしみは しょよみうめる おりしもあれ こえ
 しるひとの かどたたくとき)
 
意味・・私の楽しみは、読書にそろそろ飽きてきたちょうど
    その時、声を聞いただけで、ああ、あの人だと分か
    る知り合いが、我が家の戸をたたいて訪ねた時です。

    似た心境として、
    長く仕事を続けていると疲れてくる。ここで一息入
    れたいところだ。でも、あともう少しあともう少し
    と思いながら仕事を進めるが、余りはかどらない。
    この時コーヒータイムしませんかと誘われると踏ん切
    りがつく。誘ったり誘われたり、こういう人間関係
    を持つことは楽しいものだ。

 注・・倦める=飽きる。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。早く父母
    に死別。家業を異母弟に譲り隠棲した。福井藩の重
    臣と親交。

出典・・岩波文庫「橘曙覧全歌集」。

このページのトップヘ