名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2020年02月


一夜寝ば 明日は明日とて 新しき 日の照るらむを
何か嘆かむ
                 半田良平 

(いちやねば あすはあすとて あたらしき ひのてる
 らんを なにかなげかん)

意味・・つらい苦しいことの連続の日だか、一晩寝たら
    明日は明日で新しい日が照るであろう。だから
    どうして嘆いたりしょうか。    
 
    作者には三人の息子がいた。昭和17年に次男を
    昭和18年に長男を肺結核で失う。昭和20年には
    三男を戦死で失い、自分も肋膜を病んで病臥し
    ていた。この頃に詠んだ歌です。明るさのない
    苦難の続く日々であるが、それでも明日を信じ
    て「新しき日の照る明日」と希望を持って生き
    抜く。「明日は明日の風が吹く」明日は明日で
    なるようになるのだから、くよくよしても始ま
    らない。嘆いたりはしないぞ。

作者・・半田良平=はんだりょうへい。1887~1945。
     生涯私立東京中学に勤務。窪田空穂に師事。
     
出典・・歌集「幸木」。


 いざ子ども 早く大和へ 大友の 御津の浜松 
待ち恋ひぬらむ
                 山上憶良

(いざこども はやくやまとへ おおともの みつの
 はままつ こひぬらむ)

意味・・さあ人々よ、早く日本へ帰ろう。今頃はきっと
    御津の浜松が我々を待ちこがれていることだろ
    う。
    
    山上憶良が遣唐使の随員として中国に滞在した
    時に、故国日本を恋い慕って詠んだものです。
    大きな仕事を成し遂げた安堵感、そしてその宝
    物を早く持ち帰り皆に見せてやりたいという願
    望が込められています。

 注・・いざ子ども=目下の者への呼びかけ。
    早く大和へ=早く日本へ帰ろう。
    大友の御津=大阪湾難波にある港、遣唐船が発
     着した。

作者・・山上憶良=やまのうえのおくら。660~733。
    遣唐使として渡唐。
 
出典・・万葉集・63。


 降りつみし 高ねのみ雪 解けにけり 清滝川の
水の白波
                  西行 

(ふりつみし たかねのみゆき とけにけり きよたき
 がわの みずのしらなみ)

意味・・降り積もった高嶺の雪が解けたのだなあ。清滝川
    の水が烈しく立てている白波は。

 注・・み雪=「み」は語調を整える接頭語。
    清滝川=京都の愛宕山の東を南流し大井川に合流。

作者・・西行=さいぎょう。1118~119。

出典・・新古今和歌集・27。


 梅遠近 南すべく 北すべく
                  蕪村
               
(うめおちこち みんなみすべく きたすべく)

意味・・梅の開花の知らせが近隣からも遠方からも
    届いた。さて南の梅を見に行こうか、それ
    とも北へ行こうか。忙しい春になったぞ。

 注・・遠近(おちこち)=遠い所近い所、あちこち。

作者・・蕪村=ぶそん。1716~1783。与謝蕪村。
    南宗画でも大家。

 出典・・おうふう社「蕪村句全集」。


 おく山の くちきに花は さきぬとも 数ならぬみを
誰かたづねむ
                  熊谷直好

(おくやまの くちきにはなは さきぬとも かずならぬ
 みを たれかたづねん)

意味・・奥山の朽木に咲くはずもない花が咲いたとしても、
    ものの数にも入らない存在である自分を誰が訪ね
    て来ようか。

    朽木に花が咲くと仮定するのは、埋もれた存在で
    ある自分でも何らかの成果を上げる可能性はある
    という自負を詠んでいます。

 注・・数ならぬ=特に取り立てて数えるほどの値打ちが
     ない。

作者・・熊谷直好=くまがいなおよし。1782~1862。周
    防岩国藩士。香川景樹に師事。

出典・・小学館「近世和歌集」。

このページのトップヘ