名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2020年04月


 をとめごが 真袖につめる つぼすみれ 野に見るよりも
なつかしきかな
                   源有房

(おとめごが まそでにつめる つぼすみれ のにみる
 よりも なつかしきかな)

意味・・どこで摘んで来たのか、乙女子が両袖につぼみ
    すみれの花を集め抱いている。愛らしい花だなあ。

     野に咲くところを見るよりも心を引きつけられる。
    可愛いね。どこで積んで来たのと、少女に声を
    かけたくなる。

 注・・真袖=両袖。
    つめる=「摘める」と「集(つ)める」の掛詞。
    つぼすみれ=立壷すみれ。紫色の花が3月から
     4月にかけて咲く。
    なつかし=懐かし。心ひかれる。そばに引き付
     けておきたい。親愛の情をおぼえてそばへ近
     づく形容。

作者・・源有房=みなもとのありふさ。生没年未詳。

出典・・歌集「有房集」(松本章男著「花鳥風月百人一首」)


 はなよしれ あきもあかずも まだしらぬ 六十年の春の
末とほき身を
                    冷泉為村
              
(はなよしれ あきもあかずも まだしらぬ むそじの
 はるの すえとおきみを)

意味・・花よ知っておくれ。花に充ち足りたか、充ち足りて
    いないかも未だ分らないで六十年もの春を繰り返し
    て来て、これからの行く末も知らないこの私を。

    自分は充ち足りたかどうかさえも分らぬまま六十年
    を過ごしたとして、花の美(欲望)の前には全く無力
    な人間である事を詠んでいます。

    次の歌は三条西実隆(さねたか)の参考歌です。
   「今はとて思ひすてばや春の花 六十年あまりは
    咲きちるも見つ」

    (六十余年も花の咲き散るのを見てきて、このあ
    たりで花への執着を振り捨てよう)

    この歌はかえって花(欲望)に執着の強さを表現し
    ています。

 注・・あきもあかずもまだしらぬ=花に充ち足りたか、
     充ち足りていないのか、どういうことなのか
     も未だ分らない。

作者・・冷泉為村=れいぜいためむら。1712~1774。
    正二位権大納言。

出典・・樵夫問答・しょうふもんどう(小学館「近世和
    歌集」)


 これやこの 行くも帰るも 別れては 知るも知らぬも
逢坂の関                  
                   蝉丸

(これやこの ゆくもかえるも わかれては しるも
 しらぬも おうさかのせき)

意味・・これがあのう、こらから旅立つ人も帰る人も、
    知っている人も知らない人も、別れてはまた逢う
    という、逢坂の関なのですよ。
    
    知っている人も知らない人も、逢っては別れ別れ
    てはまた逢うという逢坂の関は人生の縮図のよう
    だといっています。

 注・・これやこの=これが噂に聞いているあのう・・、
     という言い方。
    逢坂の関=山城国(京都府)と近江(滋賀県)の
     境の関所。

作者・・蝉丸=せみまる。生没年未詳。九世紀後半の人。
    盲目で琵琶の名手。

出典・・後撰和歌集・1089、百人一首・10。


 花散りし 庭の木の葉も 茂りあひて 天照る月の 
影ぞまれなる         
                  曾禰好忠

(はなちりし にわのこのはも しげりあいて あまてる
 つきの かげぞまれなる)

意味・・花の散った庭の桜の木の葉も、今はもう
    茂りあって、空に照る月の光がわずかに
    しかささないことだ。

 注・・花=桜の花。
    まれ=稀、たまにしかないさま。

作者・・曾禰好忠=そねのよしただ。生没年未詳。
    977年従六位丹後掾(たんごのじょう)。

出典・・新古今和歌集・186。


 あたら夜の 月と花とを おなじくは あはれしれらむ 
人に見せばや         
                  源信明

(あたらよの つきとはなとを おなじくは あわれ
 しれらん ひとにみせばや)

意味・・惜しいばかりのこの良夜の月と花を、同じ見るな
    ら、情趣を分かってくれる人、あなたにも見せて
    一緒に味わいたいものだ。

    春の趣き深い月の夜に花を見て、この良夜の情景
    を一人じめするには惜しまれて、本当に情趣を理
    解する人と共に味わいたいという恋心を詠んだ歌
    です。

    能因法師の次の歌の気持と同じです。
   「心あらむ 人にみせばや 津の国の 難波あたりの 
    春の景色を」(意味は下記参照)

 注・・あたら(惜ら)=惜しいことに、残念にも。 
    あはれしれらむ=情趣を理解する。

作者・・源信明=みなもとさねあきら。937年頃の人。若狭
    守。

出典・・後撰和歌集・103。

参考です。
心あらむ 人にみせばや 津の国の 難波あたりの
春の景色を
               能因法師
           
(こころあらん ひとにみせばや つのくにの なにわ
 あたりの はるのけしきを)

意味・・情趣を理解するような人に見せたいものだ。
    この津の国の難波あたりの素晴しい春の景色を。
    心あらむ(好きな)人の来訪を間接的に促した歌
    です。

 注・・心あらむ=情趣や美を解する心のある人。

作者・・能因法師=988~。俗名橘永愷(ながやす)。中古
    三十六歌仙の一人。26歳で出家。

出典・・後拾遺和歌集・43。  

このページのトップヘ