名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2020年05月


 むらぎもの 心楽しも 春の日に 鳥の群れつつ
遊ぶを見れば
                良寛

(むらぎもの こころたのしも はるのひに とりの
 むれつつ あそぶをみれば)

意味・・私の心は満ち足りて楽しくなって来る。この
    のどかな春の日に、小鳥たちが群がりながら
    遊んでいるのを見ていると。

 注・・むらぎも=「心」の枕詞。

作者・・良寛=1758~1831。

出典・・谷川敏郎著「良寛全歌集」。


 老いぬれど 花みるほどの 心こそ むかしの春に
かはらざりけれ
                 伴蒿蹊
             
(おいぬれど はなみるほどの こころこそ むかしの
 はるに かわらざりけれ)

意味・・老いてしまったけれど、花を見る時の浮き立つ
    ような気持は、昔の若い頃の春と変りはしない
    ものだなあ。

 注・・花みるほどの心=花を見る時の浮き立つような
    心の状態。

作者・・伴蒿蹊=ばんこうけい。1733~1806。商人の
    生まれ。36歳で隠居し文人となる。

出典・・閑田詠草(小学館「近世歌集」)


 曲水の 水のみなかみや 鴻の池
                    西鶴

(きよくすいの みずのみなかみや こうのいけ)

意味・・毎年3月3日のめでたい行事である曲水の宴が
    行われている。曲水の流れる水の源を尋ねて
    行くと、なんと大きな白鳥が遊んでいる池で
    はないか。いやいやそればかりじゃない、鴻
    の池さんでお造りになる銘酒が曲水の流れの
    源なのでした。

    曲水の水の源は大きな白鳥が遊んでいる池で
    あり、銘酒を造るための名水なので、曲水を
    するのにふさわしいと詠んだもの。
    
 注・・曲水=陰暦三月三日に宮中で行われた行事。
     庭園の水の流れのほとりに座り、流される
     盃が自分の前を通り過ぎる前に詩歌を吟じ、
     盃の酒を飲み、また下流へ流すというもの。
     現在は京都の城南宮や太宰府天満宮などで
     行われている。
    鴻の池=大白鳥の「鴻の鳥」と「酒造の鴻池
     家」を掛けている。酒造には名水が欠かせ
     ない。
    鴻池家=江戸時代の大阪の豪商の家の名。摂
     津鴻池村で酒造業を始めて大成功して豪商
     となった。
    
作者・・井原西鶴=いはらさいかく。1642~1693。
    西山宗因に師事。「好色一代男」などが有名。


 花鳥の 色にも音にも とばかりに 世はうちかすむ
春のあけぼの
                 心敬
           
(はなとりの いろにもねにも とばかりに よは
 うちかすむ はるのあけぼの)

意味・・春の曙の、あたり一面かすんだやさしい美しさは、
    花の色にも鳥の声にもたとえようがない程、心を
    温めてくれる美しさだ。

 注・・とばかりに=花鳥の色にも音にも及ばないほどに。

作者・・心敬=しんけい。1406~1475。権大僧都。

出典・・寛正百首(岩波書店「中世和歌集・室町篇」)


 
花の色は 移りけりな いたづらに わが身世にふる 
ながめしまに
                 小野小町

(はなのいろは うつりけりな いたづらに わがみよ
   にふる ながめせしまに)


意味・・花の色も私の美しさも、もはや色あせってしま
    ったのだ。思えば、むなしくも我が身はすっか
    り老い衰えた。つまらない物思いにふけり眺め
    ているうちに、花が春の長雨にうたれて散って
    いくように。

    たださえ開花期間の短い桜の花が、長雨のため
    に散る前に色あせてしまった。そのような桜に
    自分を重ねています。女盛りの美しさを人前で
    十分に発揮することもなく、むなしく老いて行
    く自分自身の人生が、深い哀惜をもって見つめ
    られている。


 注・・花の色=表面は花であるが、裏面に作者の容色
     をさす。
    移り=色あせること。
    いたづら=むなしいさま、つまらないさま。
    ふる=降ると経る、古る(年を取る)を掛ける。
    ながめ=長雨と眺め(物思いにふける)を掛ける。

作者・・小野小町=おののこまち。生没年未詳。六歌仙
    の一人。絶世の美人といわれ各地に小町伝説を
    残す。

出典・・古今和歌集・113、百人一首・9。

このページのトップヘ