名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2020年08月


逢坂を うち出でて見れば 近江の海 白木綿花に
波立ちわたる
                  詠み人知らず 

(おうさかを うちいでてみれば おうみのみ しらゆう
 ばなに なみたちわたる)

意味・・逢坂山を越え出てみると、近江の海には白木綿花
    のように、美しい波が一面に立っている。

    山部赤人の歌(万葉集・321)「田子の浦ゆうち出で
    てみれば真白にそ富士の高嶺に雪は降りける」と
    同じ技法で詠まれています。

 注・・逢坂(山)=京都府と滋賀県の堺にある逢坂(山)。
    近江の海=琵琶湖。
    白木綿花(しらゆうばな)=楮(こうぞ)の木の皮の
     繊維を糸として織った布を、曝(さら)して白く
     したものを白木綿といい、それで作った造花。

出典・・万葉集・3238。
 


 よそにのみ 見てややみなむ 葛城や 高間の山の 
峰の白雲              
                  詠み人知らず

(よそにのみ みてややみなん かつらぎや たかまの
 やまの みねのしらくも)

意味・・自分とは関係のないものとして、遠くから見る
    だけに終わってしまうのだろうか。葛城の高間
    の山の峰の白雲よ(その雲のようなあの人を)。

    心を引かれながら手の届かない高貴な女性に思
    いをはせた歌です。「高間の山の峰の白雲」は
    崇高な美しい女性を象徴しています。

 注・・よそに=親密でない人。他人。
    やみ=止み、お終いになる。
    葛城や高間の山=大阪府と奈良県の境にある連
     山。高間山はその最高峰、金剛山の別称。

出典・・新古今和歌集・990。


 濁りなき 亀井の水を むすびあげて 心の塵を
すすぎつるかな    
                  藤原彰子

(にごりなき かめいのみずを むすびあげて こころの
 ちりを すすぎつるかな)

詞書・・天王寺の亀井の水をご覧になって。

意味・・濁りの無い亀井の水を手にすくいあげて飲んで、
    心の穢(けが)れを洗い清めました。

    霊水に触れて、心の煩悩の穢れを洗い清められた
    思いのさわやかさを詠んでいます。

 注・・天王寺=四天王寺。大阪市天王寺区元町にある。
    亀井の水=四天王寺の境内にあった石造りの亀
     から湧き出た霊水。
    むすび=手ですくう。
    心の塵=心の穢れ。
    すすぎ=濯ぎ。水で洗い清める。罪や恥を清める。

作者・・藤原彰子=ふじわらのあきこ。1074年没。87歳。
    一条天皇の中宮。紫式部・和泉式部などの才媛女
    房を輩出した。
 
出典・・新古今和歌集・1926。


 山高み 白木綿花に 落ちたぎつ 滝の河内は 
見れど飽かぬかも    
                笠金村

(やまたかみ しらゆうばなに おちたぎつ たきの
 こうちは みれどあかぬかも)

意味・・山が高いので、白い木綿(ゆう)で作った花
    のように、激した水がドーッと落ちている
    この滝の河内の絶景は見ても見ても見飽き
    る事がない。
    なんとまあ美しいことだろう。

    養老七年(723)に吉野離宮で詠んだ歌です。
    白波を白木綿(しらゆう)に見立てて離宮の
    滝を讃(たた)えています。

 注・・白木綿(しらゆう)=斎串(いくし)としての
     榊(さかき)の枝などにつけた白い木綿。
     木綿は楮(こうぞ)の皮で作った。
    たぎつ=激つ。水が激しく流れる。
    河内=川を中心とした小生活圏。
    離宮=奈良県吉野の宮滝付近にあった離宮。

作者・・笠金村=かさのかなむら。生没年未詳。宮
    廷歌人。
 
出典・・万葉集・909。


 僧朝顔 幾死にかへる 法の松
                    芭蕉

(そうあさがお いくしにかえる のりのまつ)

詞書・・奈良の当麻寺に参詣すると、庭に植えられている松は
    およそ千年もたっているように見える。大きさは、荘
    子がいう「牛を隠す」というほどの大きさである。寺
    の庭に植えられた松という仏縁で、斧で切り倒される
    ことがなかったのは幸運なことである。

意味・・この寺の僧も朝顔も、今まで幾代となく死に代ったこ
    とだろう。それなのに、この松は寺の庭に植えられて
    いたという仏縁で千年の長寿を保ったのはまことに尊
    いものだ。

    荘子のいう「牛を隠す」は「櫟社(れきしゃ)の樹を見
    る。その大きさ牛を隠す」ということで、櫟(くぬぎ)
    の木は材木にならず役に立たないので人間に伐られな
    い。それで牛を隠すほどの大きな木になり寿命を全う
    することが出来る、という意味です。

    この櫟や老松のように、天から頂いた寿命を病気など
    せずに全うしたいものです。

 注・・法の松=寺の庭に生えているという仏縁の松。そのた
    め千年の老松になるまで寿命が全う出来た。

作者・・芭蕉=ばしょう。1644~1694。

出典・・野ざらし紀行。

このページのトップヘ