名歌名句鑑賞

心に残る名言、名歌・名句鑑賞

2020年09月


 更けにけり 山の端近く 月冴えて 十市の里に
衣打つ声
                 式子内親王

(ふけにけり やまのはちかく つきさえて とおちの
 さとに ころもうつこえ)

意味・・夜が更けてしまったことだ。山の端近くに月の光が
    冷たく澄み、遠い十市の里で衣を打つ音が聞こえる。

    山の端の冴えた月の光と、遥かな十市の里の砧(き
    ぬた)の音とで、夜更けに気がついた。その情景(砧
    を打つ女性の夜なべ作業)にしみじみした思いと哀
    感を詠んでいます。

 注・・山の端=山の上部で空と接する部分。
    十市(とおち)=奈良県橿原(かしはら)にある十市町。
    「遠・とお」を掛けている。
    衣打つ=衣を柔らかくしたり光沢を出すため、木槌
     で布を打つ(砧・きぬた)のこと。女性の夜なべ作業
     であった。

作者・・式子内親王=しょくしないしんのう。1201年没。後
    白河上皇の第二皇女。高倉宮斎宮。

出典・・新古今和歌集・485。


秋の雨 降りてやまねば 庭苔に 土のおちつく 
秋は来にけり
                岡 麓

(あきのあめ ふりてやまねば にわごけに つちの
 おちつく あきはきにけり)

意味・・秋の雨が降り続いて、庭の苔は繁殖して地表を
    被(おお)い、しっとりとした庭土に秋の風情が
    感じて来る。

    近くのお寺の庭が思い出されます。

作者・・岡 麓=おかふもと。1877~1951。正岡子規
    に師事。日本芸術家会員。

出典・・歌集「庭苔」(桜楓社「現代名歌鑑賞事典」)
 


 こころみに ほかの月をも みてしがな わが宿からの
あはれなるかと
                   花山院
             
(こころみに ほかのつきをも みてしがな わがやど
 からの あわれなるかと)

意味・・ためしに他所の月を見てみたいものだ。見る
    場所がこの家ゆえの素晴らしさなのかどうか
    と。

    見る人の状態、すなわち自分の気持ちや立場、  
    場所などが最良の時に素晴らしい月が見られ
    るのです。

 注・・あはれ=喜楽・悲哀などの感動を表す語。
     すてきだ、悲しい、気の毒だ。

作者・・花山院=かざんいん。968~1008。65代天皇。
    退位後出家。

出典・・詞歌和歌集・300。


 山里は 秋こそことに わびしけれ 鹿の鳴く音に 
目をさましつつ                 
                 壬生忠岑

(やまさとは あきこそことに わびしけれ しかの
 なくねに めをさましつつ)

意味・・山里では、秋がほかの季節と比べてひときわ寂しく
    てならぬものだ。どこかで鳴く鹿の声にしばしば眠
    りを覚まされると、次から次へと物思いに追われて
    なかなか寝つけない。

    山里はわびしい所、そこに住む己のわびしい思いを
    基調として、これに、わびしい時としての秋、また
    その夜、さらに、わびしさを誘う鹿の声・・と、
    わびしさの限りを尽くした趣です。

    「わびしさ」の例です。
    山里のわびしさ・・人がいないので暖かく接して
    くれる人がいない---寂しさ。
    己のわびしさ・・明るい見通しや希望がなかったり、
    悩み事があったり---憂鬱感。
    秋のわびしさ・・木の葉が落ち、草木が枯れていく
    のと、自分の体力の衰えを重ねる---悲哀感。
    夜のわびしさ・・静かで心細い。
    鹿の鳴き声・・聞くと一緒に泣きたくなる---哀れさ。

 注・・秋こそ=秋が他の季節と比べて特に。「こそ」は多く
     の事物の中から一つたげを取り出して指定する語。
        わびし=気落ちして心が晴れないさま。せつない。
     心細い、もの寂しい。
    鹿の鳴く音=牡鹿(おじか)の妻恋の声で、哀れさを
     誘われる。

作者・・壬生忠岑=生没年未詳。907年頃活躍した人。古今集
     の撰者の一人。

出典・・古今和歌集・214。

 


 おく露に たわむ枝だに あるものを いかでかをらん
宿の秋萩
                  橘則長

(おくつゆに たわむえだだに あるものを いかでか
 おらん やどのあきはぎ)

詞書・・我が家の萩を人が分けてほしいと請いましたので
    詠んだ歌。

意味・・置く露によって撓(たわ)む枝さえ痛ましく思うの
    に、我が家の秋萩をどうして折れましょうか。
    折れません(差し上げることは出来ませんので、
    あしからず)。

    とは言うものの、人のたっての所望を断り
    おおせず、見事な枝にこの歌をつけて贈っ
    たという。

作者・・橘則長=たちばなののりなが。生没年未詳。越中
    守従五位。清少納言の子供。

出典・・後拾遺和歌集・301。

このページのトップヘ