この世をば わが世とぞ思ふ 望月の かけたることも
なしと思へば
                  藤原道長
            
(このよをば わがよとぞおもふ もちづきの かけたる
 ことも なしとおもへば)

意味・・この世の中は自分のためにあると思う。  
    今宵の満月が欠けているところが無いように、
    自分も不満が全く無いことを思うと。

    栄華を極めたわが思いを満月にたとえた王者
    の風格を詠んだ歌です。
    
 注・・望月=満月。

作者・・藤原道長=ふじわらのみちなが。966~1027。
    摂政太政大臣。藤原氏の最盛期を築く。
 
出典・・小右記(しょうゆうき) (笠間書院「和歌の解釈
    と鑑賞辞典」)