月夜には 門に出で立ち 夕占問ひ 足占をぞせし
行かまくを欲り
                 大伴家持
 
(つくよには かどにいでたち ゆうけとい あうら
 をぞせし いかまくをほり)

意味・・月夜になると門の外に立ち出でて、夕方の辻
    占いをしたり、足占いをしたりしたのですよ。
    あなたの所に行きたいと思って。

    この歌は家持が坂上大嬢(さかのうえのおおい
    らつめ)に占いの結果、凶と出たので行けなか
    ったと弁じた歌です。
    花占い・・マーガレットの花びらを一枚一枚
    ちぎっては「愛している」「愛していない」
    と口ずさんで、最後に残った花びらの時、口
    ずさだ言葉で占いをする。
    夕占いは辻に立って、通る人の状態を見て占
    い、足占いは花占いと同様に一歩一歩、歩く
    度に「今日はあの人に逢える」「逢えない」
    と唱えて目標の地点に着いた時の言葉で吉凶
    を占う。
    
 注・・夕占(ゆうけ)=夕方辻に立って往来の人の話
     を聞き、それによって吉凶・禍福を占う。
    足占(あうら)=足(あし)占い。歩きながら、
     一歩一歩に吉凶の言葉を唱え、目標の地点
     に達した時の言葉で吉凶を占う。

作者・・大伴家持=おおとものやかもち。718~785。
     大伴旅人の長男。越中守。万葉集の編纂を
     行う。

出典・・万葉集・736。