心こそ 心をはかる 心なれ 心のあたは 
心なりけり         
              詠み人知らず

(こころこそ こころをはかる こころなれ こころの
 あたは こころなりけり)

意味・・ちょっとしたところに表れる人の心遣い
    というものこそ、その人の本心を推し量る
    要点となるものである。人の心をそこなう
    ものはその人自身がもっている心の弱さで
    あるのだ。

 注・・心=思いやり、情け。心臓、中心部。
    はかる=推し量る、判断する。
    心なれ=核心、要点。
    あた=害をなす者、敵。

出典・・古今六帖。