淋しさに 煙をだにも 絶たじとや 柴折りくぶる
冬の山里         
                 和泉式部

(さびしさに けむりをだにも たたじとや しばおり
 くぶる ふゆのやまざと)

意味・・淋しいあまりに、せめて火(煙)だけでも
    絶やすまいとしてであろうか、小さい雑
    木(ぞうき)を折りくべて暖をとっている
    冬の山里の家の人たちは。

 注・・煙をだにも=せめて煙なりと、せめて火
     なりと。
    柴=山野に生じる小さな雑木。
    くぶる=焼ぶる。火に入れて燃やす。
 
作者・・和泉式部=いずみしきぶ。987~?。

出典・・後拾遺和歌集・390。