かくしつつ とにもかくにも ながらへて 君が八千代に
あふよしもがな
                    仁和帝
              
(かくしつつ とにもかくにも ながらえて きみが
 やちよに あうよしもがな)

詞書・・仁和の御時、僧正遍照に七十の賀たまひける
    ときの御歌

意味・・今日はこうして宴席を設けてあなたの七十の
    賀をともに祝っているが、自分もこれから何
    とか生きながらえて、さらにあなたの八千代
    の賀宴に会いたいものと思う。

 注・・仁和の御時=光孝天皇の仁和年間(885年)。
    かくしつつ=こうすること。70歳を祝う宴会
     を開いて楽しむこと。
    八千代=八千年。きわめて長い年代。

作者・・仁和帝=にんわのみかど。831~887。光孝
    天皇。

出典・・古今和歌集・347。