恋せじと 御手洗川に せし禊 神は受けずぞ 
なりにけらしも  
               詠み人知らず
 
(こいせじと みたらしがわに せしみそぎ かみは
 うけずぞ なりにけらしも)

意味・・もう決して恋はすまいと、御手洗川でした禊で
    あったがその願いを神様は受けて下さらなかっ
    たに違いない。

    失恋のつらい思いを、二度と味わいたくないの
    でもう決して恋などはしないようにと、神に願
    いをかけたにもかかわらず、ますます恋しさは
    つのるばかりだ、という気持を詠んでいます。

 注・・御手洗川=神社の傍らを流れ、参詣(さんけい)
     者が身を清める川。
    禊(みそぎ)=神に祈る前に水につかって身を清
     めること。

出典・・古今和歌集・501、伊勢物語。