里人の 裾野の雪を 踏分けて ただ我がためと 
若菜つむらん
               後鳥羽院

(さとびとの すそののゆきを ふみわけて ただわが
 ためと わかなつむらん)

意味・・村里の人が山の裾野の雪を踏み分けて、若菜を摘んで
    いるが、ただもう自分が生きてゆくためにと摘むので
    あろうか。

    「君がため春の野にいでて若菜つむ我が衣手に雪は
     降りつつ」(意味は下記参照)を念頭に置きつつ、
     そのように人のために摘む風流な若菜では無いと
     詠んだ歌です。

 注・・若菜=せりやなずななど、食用や薬用の草の総称。

作者・・後鳥羽院=ごとばいん。1180~1239。承久の乱で
    隠岐に流された。新古今和歌集の撰集を下命。

出典・・遠島百首(岩波書店「中世和歌集・鎌倉篇」)

参考歌です。

君がため 春の野に出でて 若菜つむ わが衣手に
雪は降りつつ
                  光考天皇

意味・・あなたに差し上げるために春の野に出て若菜を摘む
    私の袖には雪がしきりに降りかかっているのです。

    雪と寒さを押して摘んだ自分の志を伝えています。

作者・・光考天皇=こうこうてんのう。820~887。

出典・・古今和歌集・21、百人一首・15。