いざ子ども 早く大和へ 大友の 御津の浜松 
待ち恋ひぬらむ
                 山上憶良

(いざこども はやくやまとへ おおともの みつの
 はままつ こひぬらむ)

意味・・さあ人々よ、早く日本へ帰ろう。今頃はきっと
    御津の浜松が我々を待ちこがれていることだろ
    う。
    
    山上憶良が遣唐使の随員として中国に滞在した
    時に、故国日本を恋い慕って詠んだものです。
    大きな仕事を成し遂げた安堵感、そしてその宝
    物を早く持ち帰り皆に見せてやりたいという願
    望が込められています。

 注・・いざ子ども=目下の者への呼びかけ。
    早く大和へ=早く日本へ帰ろう。
    大友の御津=大阪湾難波にある港、遣唐船が発
     着した。

作者・・山上憶良=やまのうえのおくら。660~733。
    遣唐使として渡唐。
 
出典・・万葉集・63。