郭公 花橘は にほふとも 身をうの花の 
垣根忘れな
             西行

(ほとどぎす はなたちばなは におうとも みをうの
 はなの かきねわすれな)

意味・・ほとどぎすよ、花橘は香り高く匂うとも、
    お前がもう宿らなくなるので、身をさび
    しく思っている卯の花の垣根のことも忘
    れないで欲しい。

    ほとどぎすは陰暦四月は卯の花に、五月
    花橘に宿るとされた。

 注・・う=「卯」と「憂」の掛詞。

作者・・西行=さいぎょう。1118~1191。

出典・・山家集・196。