山行くは たのしからずや 高山の 青雲恋ひて 
今日も山ゆく
                 結城哀草果

(やまゆくは たのしからずや たかやまの せいうん
 こいて きょうもやまゆく)

意味・・山を登るのは楽しくないのだろうか、いやいや
    楽しいものだ。青い空、緑の木々、鳥が鳴く山。
    そして冒険心をあおる山。今日も山が恋しくな
    って登っている。

    喧噪な街を離れ、山登りに集中し物思いも忘れ、
    新鮮な美味しい空気を吸うと、山登りの味が忘
    れられなくなってくる。

 注・・青雲=青空。出世。高尚な志。

作者・・結城哀草果=ゆうきあいそうか。1893~1974。
    斉藤茂吉記念館館長。