からすめは此の里過ぎよほとどぎす 
                      西鶴

(からすめは このさとすぎよ ほとどぎす)

意味・・ほとどぎすの声をうるさいと歌った有名人が
    いるが、私はそうではない。カラスのやつの
    ほうがよほどうるさいのだ。カラスめが群れ
    て汚い声で鳴きたてるので、早々に此の里か
    らどこかへ行ってくれ。お前らがやかましく
    て、ほとどぎすが来ない。私はほとどぎすの
    声が聞きたいのだ。

    山崎宗鑑の歌「かしましやこの里過ぎよ郭公
    都のうつけさこそ待つらん」を逆に郭公の声
    を待ち焦がれるとした句で、そこにカラスの
    声を持って来た所に面白さがあります。
    (歌の意味は下記参照)

作者・・西鶴=さいかく。1642~1693。井原西鶴。
    西山宗因に師事。談林派の代表作者。

参照歌です
かしましや この里過ぎよ 郭公 都のうつけ 
さこそ待つらん      
                山崎宗鑑

(かしましや このさとすぎよ ほとどぎす みやこの
 うつけ さこそまつらん)

意味・・郭公があまり鳴くのでうるさい、私はもう沢山
    だから、さっさとこの里から飛び去ってくれ。
    京都では馬鹿な連中がお前の声が聞きたくて、
    さぞ待ち焦がれているだろうから、都へ行った
    方がいいぞ。

    都の風流人が郭公の声を珍重したのを、宗鑑は
    わざとこのように詠んだ歌です。 
  
 注・・うつけ=虚け、まぬけ、ばか。
    さこそ=然こそ、そのように、さだめし。

作者・・山崎宗鑑=やまさざきそうかん。1465~1554。戦国
    時代の連歌師・俳諧師。