河風の 涼しくもあるか 打ちよする 浪とともにや 
秋は立つらん
                  紀貫之
            
(かわかぜの すずしくもあるか うちよする なみと
 ともにや あきはたつらん)

意味・・川風がまことに涼しく感じられることだ。
    風に吹かれて打ち寄せる波とともに秋は
    立つのだろうか。

    立秋の日に河原を散策して詠んだ歌です。

 注・・秋は立つらん=秋は波と一緒に立っている
     のだろうか。「立つ」は秋立つと波が立
     つを掛ける。

作者・・紀貫之=きのつらゆき。866~945。土佐
    守、従四位した。「古今和歌集」の撰者。

出典・・古今和歌集・170。