残しおく そのみどり子の 心こそ 思ひやられて
悲しかりけり
                 荒木たし

(のこしおく そのみどりこの こころこそ おもい
 やられて かなしかりけり)

意味・・自分は殺されて死んで逝くが、残された
    子を思うと、気が狂うほど心配で哀しい。

    辞世の歌です。殺される前に、乳母に託
    して逃がした一歳の息子を案じて詠んだ
    歌です。その後斬首された。

作者・・荒木たし=あらきたし。1558~1579。
    21歳。摂津(大阪と兵庫の一部)有岡城主・
    荒木村重の妻。織田信長により、家臣と
    共に京都六条河原で斬首された。

出典・・宣田陽一郎著「辞世の名句